Feb 19, 2005

東北楽天、1/3年間シート発売

 楽天のメールマガジンとってるんですが、先ほど届いたメールマガジンにこんな記載が。

 「1/3年間シート(さんぶんのいちねんかんしーと)」(ドラえもん風)

これは、その名のとおり年間63試合あるうちの21試合を観戦できるチケットです。 ※決して座席自体を1/3にしたり、試合時間を1/3で分けるものではありません。
(【楽●天】楽天イーグルス プレス 2005/02/18 (FRI) Vol.013)より引用

 【楽天チケット】楽天イーグルス 2005年 1/3年間シート チケット販売

 手を変え品を変えよく考えますねぇ。年間全試合見に行かない人には、手に入れやすいボリュームで結構お徳かもです。私には全く関係ありませんが。

 最初、「序盤、中盤、終盤」で分けるのかと思ってましたが、どうやら万遍無く21試合だそうで。流石に「序盤」だけ売れに売れたらバツが悪いですもんねw

#東北楽天メルマガ。そろそろ解除しようか。球団公式のメルマガってどんなだろーと思って解除せずに居ましたが、実際は全然読みませんからね。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Feb 14, 2005

W杯女子ゴルフ、日本が初代王者!

 凄いです!日本が初代王者になりました!!

 最終日を首位Tで迎えると、宮里選手の大活躍で見事栄冠を勝ち得ることが出来ました。

 女子ゴルフの国・地域別対抗戦、第1回ワールドカップ(W杯)第3日は13日、南アフリカのジュージのファンコートホテルCC(パー73)で行われた。通算6アンダー、140でスコットランドとともに首位に並んでいた日本ペアは、宮里藍が6アンダーの67、北田瑠衣が9オーバー、82で回り、通算3アンダー、289で優勝した。(MSN-Mainichi INTERACTIVE 今日の話題)より引用

 宮里選手は大きく崩れる事も無くバーディを連発。昨日も書いた通り難コースで、メジャー大会を何勝もするような各国の代表が次々とスコアを落としていく中、抜群の安定感を見せていました。

 北田選手は残念ながら深いラフにはまったり、要所要所でカップに嫌われるなど運が味方しなかった面もありますが、17番ホールでのバーディは値千金でした。このバーディで2人の緊張が解け、逃げ切れた事に価値があります。

 優勝が決定した瞬間、ペアマッチという責任と戦っていただろう北田選手は涙を見せていました。宮里選手も泣きながら笑っていましたね。やはり普段背負わない日本代表という肩書きは相当に重かったのでしょうか。

 国際的に見ても現在、日本の女子ゴルフのレベルは決して高くは無いのですが、このW杯の結果や宮里選手、北田選手、横峰選手などを見ていると、若手の力は確実に育ってきているなと感じました。もう一度いいます、凄い。

 インタビューでは北田選手が泣いている横で宮里選手はサバサバと実に堂々と喋っていました。大物だーこの子w

#中継では日本の女子ゴルフ協会の樋口会長が解説をしていましたが、二人の優勝が決まった後は樋口会長も涙声でした。うん、感無量でしょう。

<関連記事>
空をかすめる: がんばれ日本代表-W杯女子ゴルフ-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 13, 2005

がんばれ日本代表-W杯女子ゴルフ-

 アフリカの大地で開催された第1回W杯女子ゴルフにて2日目が終了しましたが、なんと日本の宮里藍選手(国内ランキング2位)と北田瑠衣選手(同3位)のペアが首位タイと大活躍しています。

 女子ゴルフの国・地域別対抗戦、第1回ワールドカップ(W杯)第2日は12日、南アフリカ・ジョージ当地のファンコートホテルCC(パー73)で行われ、宮里藍と北田瑠衣のペアで臨んでいる日本は1アンダー、72で回り、通算6アンダー、140でスコットランドとともに首位に並んだ。(【ゴルフ】日本が首位に浮上-女子ゴルフのW杯第2日)より引用

 初代王座を狙えるポジションだけに頑張ってほしいです。

 しかし一国の代表選手ともなるとプレーが凄いですね。今日の放送を見ていたのですが宮里選手は難しいラインのパットを次々沈めるし、北田選手はゲームの様なバックスピンやチップインバーディ!などなど見所たっぷり。

 それをラフは深いわフェアウェイはうねってるわグリーンは大きく傾いてるわ……と、難コースを絵に書いたようなファンコートホテルCCでやってのけるから凄い。そして首位。最終日も期待が持てます。

 ただ、初日と2日目は1つのボールをそれぞれが交互に打つ方式でしたが、最終日は各々がプレーして良かった方を2人のスコアと前日までのスコアを合計してその国のスコアに反映する方式なので、メジャー大会を勝ってきた選手を代表とした他国の方が有利な気がします。

 しかし、人気実力ともに日本でトップクラスの宮里選手に、普段自分が使い慣れないボールでも抜群の適応を見せファインプレーを連発した北田選手ならやってくれるかもしれません。がんばれ!

#風なども凄くコンディションも良くは無いですが、期待できると思います。

<追記>
スコアの加算方法を間違えていました……修正。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

Feb 11, 2005

四国アイランドリーグ、石毛代表の思惑

 岡山放送(岡山県、香川県のフジ系放送局)のローカル番組、「特報ズバッ(サイト無いです)」にて四国アイランドリーグの特集。石毛さんが出てました。

 10年前150チームだった社会人野球が現在は80チーム。これでは野球をやりたいと思う選手が高校、大学でプロから声が掛からなければ行き先を失ってしまう。ひいてはプロ野球選手の能力低下、人気低下にもつながるので何とかしたい!と、石毛さん。

 ここで登場するのが独立リーグ構想で、周知の通り石毛さんが先立って引っ張ってくれました。その後呼応するように東北リーグなど様々な独立リーグが来年以降開始予定になったのもこの行動のおかげでしょう。

 舞台となるのは四国。プロ野球のチームも無く、野球の空洞地帯。現役選手としても天野浩一(香川)、町田康嗣郎(高知)だけなので、ここに独立リーグが出来ることは四国のプロ野球ファンを増やす意味でも価値ある挑戦です。

 加えて石毛さんはこうも語りました。

石毛氏「四国はそれぞれ仲が悪い。対抗意識を燃やしてくれるんではないか。

 なるほどねw

 四国アイランドリーグもそうですが、カープ等が提唱してきた土着型球団と言うのが最近になって歓迎されつつあります。石毛さんも番組の中で、企業による野球は終わった、とも語っていましたがまさにその通り。

 逆に言うと、地域の人に愛されなければ球団の運営は厳しいともいえます。カープの場合、いろんな事情があって観客動員に結びついていないのが悲しい所なんですが。ソフトバンクダイエーは言うまでも無く、最近では北海道日ハムや東北楽天などは大歓迎されていますしね。

 ちなみに番組では、昨年夏までカープの嶋選手や前田選手を相手に打撃投手をやっていた羽田智弘さん(23)が主人公となってトライアウトの様子を伝えていました。赤いアンダーシャツに縦じまのズボンと言うのが目立ったんでしょうか。

 彼は、四国学院大学在学時には首位打者にもなったことのある実力が買われ、見事に最終トライアウトで長打を放ち入団決定。おめでとうございます。カープとも縁ある選手として四国独立リーグでは追いかけてみたいと思います。

 何気なく見ていた番組ですが、石毛さんの思いが結構マジだったというのがひしひしと伝わってきたので、四国アイランドリーグはもとより、愛媛マンダリンパイレーツ、香川オリーブガイナーズ、高知ファイティングドッグス、徳島インディゴソックス共に頑張って欲しいです。

#島根にも野球チームできないもんかねー。佐々岡一人が毎年島根県金城町で若手を引き連れ自主トレを頑張ってくれてる状況。47都道府県リーグが欲しい所w

<関連記事>
ジコリュー!Blog:[ 独立リーグ ] 四国アイランドリーグ、リーグ&チームロゴ決定!
野球人: 四国独立リーグ(四国アイランドリーグ)のチーム名

<参加TBぴーぷる>
四国独立リーグ - トラックバック・ピープル

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Nov 24, 2004

男子新体操がんばれ

 「一億人の大質問!?笑ってこらえて」を見てたら脅威のスポーツが紹介されていました。

 その名も「男子新体操」。あの演技……、とても凄かった!

 男子新体操、と聞くと。どうしてもしなやかで優雅な女子新体操のイメージがあって敬遠してしまいがちでしたが。映像を見る限りでは男子新体操はパワーとかっこよさ!これですね。

 テレビでは男子団体の、女子では禁止されているバク転や宙返りを駆使した力のある演技を放映していました。とても力強く、一歩間違えば大怪我スレスレの技は迫力に溢れ、数ある団体競技の中でも屈指の演技であると感じました。

 調べてみると、今回テレビで紹介された男子新体操団体以外にも個人種目は存在しており、そちらでは手具(棒・輪・縄・棍棒)を駆使したスピード感のある演技が競われているそうです。こちらも非常に見所満載っぽい。

 実際に見てもらったほうがどんな競技か分ると思うので、競技動画とかプロモ動画を公開されておられるサイト様へリンクを張っておきます。(とにかく、「MEN'S RG!?」→「男の新体操!?」は必見ですよ!)

 ~KIRIMOMI~ kirimomi-doufu's web site →index

 だけど、テレビでやっていた通り、現在の競技人口は1500人程度。うち60%は高校生が占めているとか。その高校の部でも、余りにマイナーすぎて、このままでは4年後の国体から正式種目ではなくなってしまうとか。

 競技自体も、日本でしか現在行われておらず、このままでは種目としての存続も危ういのが現状だそうです。HPをまわって見たのですが、国外への講師の派遣や募金運動などが良く目に付きました。

 この辺り、今年のアテネで沸いた体操とは対極に位置している状況ですね。

 うーん。あれだけの技を競う男子新体操が日本で徐々に規模を小さくして行ってるのは寂しいですね、何とか盛り上げたい。国際大会とか本当に面白そうだし見てみたいと思うのですが。

 日本では「映画、ウォーターボーイズ」によって男子シンクロが競技としても脚光を浴びるという事がありましたが、何とか男子新体操も脚光を浴びる事にならないでしょうか?

 私としては男子新体操、非常に魅力のある種目に映りました。いちスポーツファンとして、男子新体操を応援します。取りあえずは次週の放送を楽しみにしています。

#男子新体操に関する記事を書かれましたらどんどんTB下さい。ちなみに、応援は激しすぎると思ったw

#追記>某所にて関係者の方が「テレビ局への反響をお願いします。」と書いておられました。男子新体操の放送で、面白かった!応援したいな!と思われた方はメールフォームで声を届けましょう。男子新体操にとっては多分、一票でもとても大きな後ろ盾になるものと思われます。こちらへ→https://www.ntv.co.jp/staff/form.html

<関連ココログ>
@~のひたすらmemo: 男子新体操

<関連サイト>
JAPAN MEN'S RG
情熱 ~男子新体操~
日本体操協会 [Japan Gymnastic Association] | 新体操2004top |
SAMURAI ~Men's Rhythmic Gymnastic Performance Team~

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Oct 30, 2004

サンズ、田臥選手関連グッズ!

 先月、バスケットNBAフェニックス・サンズと契約した田臥勇太選手!

 NBA.com: Yuta Tabuse Bio

 デビュー前にもかかわらず早くもNIKEからCMがオンエアされるなど大人気ですが、関連グッズも徐々に出回り始めています。今回は彼の関連グッズ、商品を紹介してみたいと思います。

 まずはTシャツ。サンズのロゴと田臥の「1」番が印刷されたデザインの物が早くもNBAのユニフォームを手がけるリーボックから発売されています。

NBAフェニックス・サンズネーム&ナンバーTシャツNBAフェニックス・サンズネーム&ナンバーTシャツ

 上のデザインと同じTシャツですが、2004年10月30日現在、別のサイトでプレゼント企画をやっています。白地にNo「1」が映えたカッコいいデザイン、期間は短めなのでお早めにどうぞ!

 サンズ田臥勇太Tシャツプレゼント
 NBAレプリカTシャツ田臥モデル【日替わり期間中10/28-11/1限定プレゼント!!】

 そしてバスケットと言えばバスケットシューズ(バッシュ)。こちらもナイキから田臥選手着用モデルが発売されました!ナイキのCMで彼が履いているのがソレで、実際の試合でも使用されています。

 (追記>後日、実は開発に携わったけど田臥選手は試合でAIR ZOOM SWIFT Ⅲを履いていないとの事。申し訳ありません。)

 NIKE AIR ZOOM SWIFT Ⅲ 101,141,161(田臥、2004-2005年契約モデル)

 日本人プレイヤーが着用したはじめてのモデルだけに注目度高いっすよ!!2003年に発売された同SWIFTⅡも人気でしたが、この後継モデルとなるSWIFTⅢは加えてCM効果もあって現在人気が急上昇中!

 ナイキ:エア ズーム スイフト3/101【田臥勇太選手着用モデル】【NIKE バスケット SWIFT】ナイキ:エア ズーム スイフト3/101【田臥勇太選手着用モデル】
 ナイキ:エア ズーム スイフト3/141【田臥勇太選手着用モデル】【NIKE バスケット SWIFT】ナイキ:エア ズーム スイフト3/141【田臥勇太選手着用モデル】
 ナイキ:エア ズーム スイフト3/161【田臥勇太選手着用モデル】【NIKE バスケット SWIFT】ナイキ:エア ズーム スイフト3/161【田臥勇太選手着用モデル】

 個人的には161の赤が良い感じですね。けれど161に限って既に私のサイズ25.5が既に売り切れたのか無かったりします……(泣)バッシュをお探しの方はどうでしょうか?

#NBAは日本では情報源が少なくて良く知らなかったんですが、田臥選手のおかげで徐々にスポーツ番組から色んな情報が降りてくるようになりました。今後また何かあればニュースや商品を紹介していきますね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 27, 2004

「野球」アジア杯開催へ

 再編と共に国際化の波も一気にやって来ています。凄いぞ、最近の野球界は。

 来年の日本シリーズ後に、日本と韓国、台湾、中国のプロ野球のチャンピオン同士が集まり、アジア一を争う「アジアカップ」の構想が、プロ野球実行委員会でコミッショナー事務局から示され、実施に向けて前向きに検討していくことで合意した。(@nifty:NEWS@nifty:野球「アジアカップ」構想、前向き検討で合意(読売新聞))より引用

 面白そうです。私も週刊ベースボールのコーナー程度の知識しかありませんが、台湾や韓国などは野球のレベル高いですし、中国も経済成長に伴い、これから確実に進歩してくる事が予想できるので良い試みになりそうです。

 加えて日本の野球界はここ1年の間で大きな転換期を迎えていて、野球ワールドカップ構想やプロ野球再編、独立リーグ誕生など、今までに無かった様々なことが起こるべくして起こり、具体的な話がどんどん生まれてきました。

 そしてアジア杯。

 日本人にとって野球とは「プロ野球」「甲子園」でしかなかったものが、これから一気にグローバル化するのかと思うとハラハラしますね。これまで不動の物だった日本の野球文化がどう動くのか?これは興味深い。

 そもそも、米大リーグと「戦える」までに追いつくと言う日本プロ野球設立以来の大テーマは、イチローなどの活躍で十分に達成できたと思われるので、次なるステップとして国際化案は上出来でしょう。

 もちろん、国際戦が無かった現在でも、アメリカで日本人選手が活躍してきていますし、逆に台湾や韓国の選手が日本のリーグでも活躍しています。その逆もあるわけですが、これで、国際戦が増えれば……。

 今回提案されたアジア杯でも、結果如何では、国籍を超えた国際的なスタープレイヤーが誕生していくことは想像に難くはありません。選手だけではなく、国際的に人気のあるチームなんてのも、日本発で誕生する可能性があると思います。

 長期的に見るとアジア杯参加チームはアジアで戦える戦力を相互に整える事になって行くでしょうし、アジア杯を初めとする国際化とプロ野球発展は結びつく所が多いように感じます。

 それに、そんな発展とか仰々しいこと抜きに、もっと単純な疑問が今浮上しています。アメリカはともかく、アジアのリーグとの力差はいかほどか?ってこと。つまり、

 「無条件で、今までは日本の野球や選手は国際的にもレベルが高いとされてきたけど。実際の所、どうなんだろう?

 と言う素朴な疑問。五輪予選の結果とかは余り参考になるとは思えないし。1チームとしてどうなのか、と言う戦いが見たいじゃない無いですが。

 だったらここの辺りで、世界戦をやってみてハッキリさせる。単純ですが面白いですよね。

 もちろん、日本のチームも今まで以上のパワーアップは急務です。あぐらかいてる訳には行きません。

 今まで半鎖国を続けていた日本の野球の門戸を突然広げることになるので、例えば私の好きな広島東洋カープの存在は、ファン拡散等の影響で今以上に危うい状態になりかねません。アジアのチーム以上の戦力と魅力の確保は必要でしょうね。

 まさか韓流に流されて「韓国野球ブーム」が起きるとは考え難いですが。ありえなくも無いので広島ファンとしてはチーム存亡に関わって来るので怖いです(笑、えないな ^^;

 球団だけではありません。選手もグローバル化に伴い、日本の球団だけが舞台ではなくなり、米大リーグや独立リーグ、アジアの諸リーグや新興の欧州など様々な舞台を渡り歩く事になるでしょう。まだ可能性ではありますが、いずれにせよ覚悟は必要になるでしょうね。

 ただ、その分可能性は広がりますよね。球団も、アジアとうまく付き合えば今まで以上の成績を残したり利益を残したり出来るでしょうし、今まで以上に広い舞台で活躍することが可能になるわけですから。選手もサッカーみたいにやたら帰化したり(苦笑

 そんな多くの可能性の中で、一つだけコレ!と分るのは、日本において、今までの野球とはルールや格好は同じでも、野球と言うスポーツに「求められるモノ」が今後大きく変わる、かも。と言う事かな。

 巨人におんぶに抱っこで視聴率稼いだり、日本シリーズで優勝するだけが野球ではなくなる、とかさ。この先までは流石に読めませんが、良い可能性を色々考えて行きたいです、私は。

#野球が面白くなる可能性に、どうせなら賭けたいじゃない。しかしながら、余りにも突然の変化過ぎて……。来年のパワプロ開発とかは困難を極めそうだ(笑

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Oct 26, 2004

西武、日本一のビールかけ!

 と言うことで2004年日本シリーズは西武ライオンズが見事優勝いたしました。おめでとうございます。

 中でも、日付が変わってからのビールかけは凄い有様でしたよ~!


04-10-26_00-02.jpg
 スパイダーマンに襲われる渡辺アナ、酒は弱いらしいが。
 
 
 
04-10-26_00-11_4.jpg
 こちらは鬼太郎。服装が分りにくいな。
 
 
 
04-10-26_00-04.jpg 
 こちらは海坊主……じゃなくて、選手会長和田選手。
 
 
 
04-10-26_00-21_2.jpg
 うっちーは優勝記念?白スーツ。ずんぐりしてました。

 とまぁ、こんな感じ。

 やや若干もったいない気持ちもしますが、そこはここまでチームに貢献することだけを考え、酒断ちしている選手も居るわけですし大目に見ましょう。優勝、おめでとうございます!

#西武はキャラが多くて良いチームやね。広島が優勝したら……、うーん、新井と東出あたりに期待するべきなのか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 25, 2004

え……えふわ……ん

 もう限界っぽいです。

 Yahoo! Formula 1:ブラジルGP

 フジで25日AM1:50からの予定でしたが、ちともう限界っぽいです。

 お先に失礼します。琢磨、どうなったんだろうと夢の中で見る事にします。

#明日が月曜じゃなきゃなぁ……。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Oct 20, 2004

全日本「ゴッゴル」選手権、開催

 ゴッゴルが巷で流行っているらしい。と言う訳で、「第 1 回 SEO コンテスト」に参加してみました。以下、ゴッゴル妄想テキスト、どうぞ。


「ゴッゴルで2004年のクライマックスを爽やかに走る(日本、鈴鹿発)」

 多くのブログで既報の通り、ゴッゴル(Goggoru)は手軽に世界の人々の脂肪を燃焼し、アメリカ国民の走る事が出来る肥満に悩む実に14%の低所得者層を救うであろう、とまことひそやかに噂されるスポーツだ。と言われている。

 だが、このゴッゴル。1980年代に、あまりに危険である、無意味であるとして、一度はその200年にも及ぶ歴史が途絶えようとした事を、皆さんはご存知だろうか?

 そして、苦境に追い込まれたゴッゴルを一人のオージーカウボーイが救った事をご存知だろうか?

 私は知っている。今はメルボルンに住む、Goggo氏がその人であると思う。だが、この功績はあまりにも知られては居ない……。

 偉大なるMr.Goggoの肖像 ← やっぱやめました

 今日、国内、海外問わず、今のゴッゴルがあるのは、Mr.Goggoのおかげだ。

 所で、一日に流される世界中の汗の凡そ4%がゴッゴルによる物だとされる。これは東京ドームに換算すると凡そ1000杯にもなるとか。

  ゴッゴルの汗に関する計算式 ← 参考

 この通り、大量の汗を流すゴッゴルは、今や世界の静汗グッズの売り上げの一部を担い、世界経済の底辺を支えている存在であることからも、Goggo氏の功績は称えられるべきき物であると、私は個人的に思う。

 ゴッゴルの起源は1798年、フランス革命中の文献に登場する事から始まる。詳しい発祥の経緯は不明だが、この当時、ゴッゴルは「gogolles(ゴゴッル)」だとか「gogole(ゴゴール)」等と呼ばれ広く庶民のスポーツとして人気が有ったと言う。

 当時は現在のゴッゴルの様に簡単に出来るスポーツではなく、牛追いや闘牛から派生したとも言われ、農耕用の牛の足と自分の足を結び、命を懸けて速さを競うという過酷なスポーツだったと言われている。走牛士と呼ばれるヒーローが誕生したのもこの頃だとする学説があるとも伝え聞く。

 これが1846年にピエール博士の改良を受け、現在と同じように自身の足首同士を結び、ひざを使って走ると言う現在の方式に変更された。これが「近代ゴッゴル」の走りと言われる。

 日本では1873年、岩倉使節団が退屈な船内、船員と汗を流し競った事が記録して残っている、とか残ってないとか。日本では明治の初めに広く普及したこともあり、今でもゴッゴルでは無くゴゴッルと呼ぶ地域も日本の各地にはある様だ(参考)。

 このように広く広まったゴゴッル(当時)は、もはや世界で最も汗を流すスポーツとしての地位を揺ぎ無いものにしたかと思われた。

 だが、1980年代末になると状況は一変し、このスポーツが足首、及びひざに甚大な健康被害をもたらすと警鐘が鳴らされた。また「これ以上地球に無駄な汗を流させない!」と言う活動家が活躍したのも記憶に新しい。

 窮地に立たされたゴゴッルの状況を打破したのが我らのGoggo氏だ。彼の余りに有名なひとこと、

 「ひざと肥満問題、どっちが大切なんだ。私はひざよりゴゴッルを取る!

 こんな言葉で世界情勢は一変した。

 その後も同氏はゴゴッル用ひざサポーターの開発を行うなどの活動を続け、人々は何時しかゴゴッル、ゴゴールと呼ばれていたこのスポーツの名前を、彼の名前をもじり、尊敬を込めてこう呼ぶようになったのだと聞く。そう、

 「ゴッゴル」

 と。

 今、まさにチームスポーツとして生まれ変わったゴッゴルにプロリーグが誕生するだとか、五輪の正式種目に採用か、なんて噂が立つのも、まさにGoggo氏の功績ではないだろうか。

 そして2004年、晩秋。満を持して、鈴鹿を舞台に全日本ゴッゴル選手権が開催される予定だ。世界の一流アスリート達が、自らの足首を縛り全4.2195kmのアスファルト走路の上を血だらけになりながら(※選手権ではサポーター着用は認められていません)走破していく様は一軒の価値がある。

 現在、入手困難とされるこの選手権の観戦チケットのプレ予約が始まっている。オークションで裁けば幾らかになると思われるこの無料チケットを入手するには、今すぐエントリーだ!

 <全日本ゴッゴル選手権、チケットプレ予約にエントリーする> ←やっぱやめました




 とまぁ、私も今はやりの「ゴッゴル祭り」に参戦してみました。もちろん完全なフィクションです。

 つまり、Googleで「ゴッゴル」と検索して一番上部に表示された人に豪華商品が!と言う企画なんです。

 とにかく上に表示されるためには、小説やキャラクターを作るなどして参照数を多くすれば良いのですが、小説なんて書けないので、何時もの様にうんちく風の記事にしてみました。

 が。まず謝りたいのはこの記事の内容ではない。書きかけの状態で一度間違えて掲載してしまったこと_| ̄|○

 30分に渡り更新中の内容がトップに晒されました。かなり恥ずかしかったです。友人の指摘が入るまで気づかなかった……あぅ。

 ちなみに、この記事は、それっぽく長文を書くことでGoogleでは上位に表示される。と言う私なりの哲学を実践してみました。また、リンクの数も関係してきそうなのですが、ちょっと良く分りません。

 1サイトに含まれる「ゴッゴル」関連記事の数も大切なんでしょうが、そこまでまじめに上位を狙うわけではないので、とりあえずこの記事だけにしておきます(笑

 では、Googleの検索結果を眺めつつ、この辺りで。では。

 あ、この文章では、一部、2ちゃんねるの某ヘッドホンスレッドの表現を利用させていただいてます。問題は無いと思うのですが、一応、ここにパクったと言うことだけを明記しときます。

#関係者各位。何か問題があれば即座に消します、メールください(汗

<関連サイト>
SEO コンテスト - SEO Association

<関連ブログ>
Modern Syntax: ゴッゴルがトラックバックピープルに登場
takeratta?::Blog+:ゴッゴルとゴゴッル

| | Comments (3) | TrackBack (24)

より以前の記事一覧