« ダルの当て馬に | Main | ミュージカルバトンが来た »

Jun 11, 2005

Vodafoneにおけるデザインに思う

 つい先日、こんな記事が掲載されていた(らしい)。

 ITmediaモバイル:驚きと遊び心──ボーダフォンの新デザイン

 この記事を今日気付く辺り、ブロッガーとしての旬は過ぎちゃったなぁと実感する訳ですが、そんな事はともかくこの記事からはVodafoneにおけるデザインへの取り組みが読み取れます。


 質と言う点に着目し、「着ぐるみケータイ」と言う新しい機構をV501Tで打ち出し、そしてV501SHではDoCoMoのPシリーズで人気のカスタムジャケットに素材感を加えた新機構「テクスチャーパネル」と言うアイディアを打ち出した。

 Vodafoneに社名を変えてから、このように冒険した商品は余り無いのでその姿勢は買える。J-Phone時代の何でもやってやると言うあの姿勢はやはり大事だと思います。


 が、しかし。

 私は今回の2製品に関しての取り組みは歓迎できません。と言うより、これらの取り組みが持ち主の「満足」と言う要素を刺激しえない取り組みに思えて仕方が無い。Vodafoneの「開発したぞ!」と言う自己満足で終わりそうだ。


 V501Tなどは分かりやすいが、着ぐるみ装着時ではSDカードの取り出しはもとより、充電すら出来ない。折角の着ぐるみが台無しだ。

 デザインは目に付き、興味・関心をそそるものの、実用上の難を残してしまった点は、取り上げたどこのサイトでも必ず掲載されていたほど不便なものだ。せめてクレードル利用でもいいので充電は出来るようにすべきだった。

 デザインは良いけど、実際には利用しにくいから……、と敬遠されてきた携帯電話の例はこれまでにも数多くあり、今回のV501Tも悪しき前例との違いを打ち出せずにいる。

 まとめると、デザインはいいのに、パッと見て分かる実用上の難がお客の「満足」を刺激しえないと言える。よほどこのデザインが、発売後に取り上げられでもしない限り、大きなセールスを記録する事はないだろう。


 V501SHは一見無難だが、このパネルを取り付けるためだけに厚みが増し、重さが増し、見た目からもずんぐりとスタイリッシュに程遠いフォルムに成ってしまっている点が非常に惜しい。

 DoCoMoのPシリーズでカスタムジャケットが大ヒットした一つの背景として、Pがそれまで養ってきた薄型化の取り組みがあったんじゃないかと思う。カスタムジャケットが邪魔ではなく、装着しても十分薄型と言う点が良かった。

 厚みが22mm、重さが109gのP901iに対し、V501SHは26mm、137gと大きな差がある。実際に利用しても137gは重いと言われるレベルで、そこに質感がどうのこうのというより先にスタイリッシュと言えない所で既に、メインターゲットである「お洒落な大人」と言う層への「満足」に対する訴求力が無い。

 まとめると、ターゲットを絞った開発を行った割りに、パネル以外の部分が蔑ろにされてしまった携帯ではないか。パネルラインナップを見ても地味で、このターゲット以外の客層にも厳しいので、既存ユーザの乗り換え需要以外見込めないかもしれない。


 結局、今回の2機種に関して言えば、デザインを優先させ開発した所に大きな落とし穴があるんじゃないかと思った。いわゆる「機能美」と呼ばれる部分が非常に疎かで、実際に使う人の利用シーンなどが想定されていないと感じる。

 AUにしろ、DoCoMoにしろ、デザインを形にした携帯電話、これを使う人がどういう人になるだろうか?どういう使い方をするだろうか?と言う点に主眼をおいていると感じるだけに、デザインで出来る事をとりあえずやった、と言うVodaの温度差がより際立った。


 最後に逸れた話をするのもどうかと思うが、私がVodafoneから離れない理由。何度も言っているがV601SHが非常に好きだから、と言うのがある。

 当時最先端の機能を積めるだけ積んで端末は重くなったが、デザインで重くしていないし実用する上でもデザインが邪魔になっていない。塗装も凝ってて、分厚いのにスタイリッシュ。機能とデザインの両立。そこが大好きだ。


 逆に言うとデザインも一つの機能であって、実用する段階で邪魔だとか重いと感じてしまうデザインは、それはすなわち劣っている、と言えはしないか。


#デザインのために何かを犠牲にするのではなく、利用する人がこのデザインを必要とするにあたり、必要としない機能を切るべきだった、と思う。

|

« ダルの当て馬に | Main | ミュージカルバトンが来た »

Comments

http://368229864b04c7a18a8588813d2d0c0b-t.fahofy.org 368229864b04c7a18a8588813d2d0c0b [url]http://368229864b04c7a18a8588813d2d0c0b-b1.fahofy.org[/url] [url=http://368229864b04c7a18a8588813d2d0c0b-b2.fahofy.org]368229864b04c7a18a8588813d2d0c0b[/url] [u]http://368229864b04c7a18a8588813d2d0c0b-b3.fahofy.org[/u] 3e8a6bdb1665a78445404f75b4833e17

Posted by: Ignacio | Jul 07, 2007 at 03:52

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1924/4507027

Listed below are links to weblogs that reference Vodafoneにおけるデザインに思う:

« ダルの当て馬に | Main | ミュージカルバトンが来た »