« May 2005 | Main | July 2005 »

Jun 22, 2005

ミュージカルバトンが来た

 諸事情あって、ここでは送り主の名前もリンクも張れないのですが、某ミュージカルバトンが回ってきました……。実生活で大変繋がりのある人なんですが……。まぁ、理由はmixiの方で書いときます。

 ミュージカルバトン、何故だかここのところ急に流行ってるらしいですね。

 最近、ご覧の通り仕事にやられてブログの方は全然更新してないのですが、その動きだけはチェックしとりました。ちなみに、ミュージカルバトンについてはこちらのブログさんが上手くまとめておられますんでご紹介→Musical Baton ミュージカル・バトン!(歴史+回答つき) [絵文録ことのは]2005/06/14

 で。まぁ、更新のネタになるなら、とサクサク質問答えて久しぶりの更新としますw


□今パソコンに入っている音楽ファイルの容量

 んーっと。19.6GBっすね。我ながら多いなァ……。最近買ったり借りたCDはまだ入れてないのもあるので、今週中には合計で20GBオーバーです。ただ、ここまで増えたのは良いんですが録音形式の多くがWMAなので、今更iPodには移行できないと言う事実(悲


□最後に買ったCD

 Amazonで、

・「そうかな」 小田和正
・「阿修羅城の瞳」 菅野よう子

 を、買いました。「そうかな」は最近良く聞いてます。「個人主義」も好きだったですが、「そうかな」は確実にそれを上回った!と思う。「阿修羅城の瞳」はクセがあってまだ余り聴いてないッス。


□今聴いている曲

 なんだっけ?と思って再生/録音に用いてる(あるいは用いてた)プレイヤーの、最後に再生した曲を調べて書いてみます。

・Foobar2000
 「アンダーシャツ(LiveVer)」 Mr.Children
  「1/42」と言う限定LiveCDの中の1曲。そこまで思い入れは無い。
・WindowsMediaPlayer
 「TRAIN TRAIN」 ブルーハーツ
  歌詞を読むと凄いなァと思います。俺にはおよそ書けないでしょう。
・WinAmp
 「黒猫のタンゴ」 皆川おさむ
  き、記憶に無いぞ!?(滝汗)


□よく聞く、または特別な思い入れのある5曲

 好きだ、良く聞く、ってのはキリが無いので、特に思い入れのある曲をば。割とメジャーばかりになった。

・「口笛」 Mr.Children
 この曲のおかげでミスチルをほぼ制覇することになりました。
・「青の波頭」 菅野よう子
 菅野よう子にハマるきっかけになった曲。「臥龍」とセットでどうぞ。
・「Can't Stop fallin' in Love」 globe
 えらく中学校時代に好きだった不倫の曲?そんなん当時は考えても無かったw
・「After,in the dark~Torch song」 山根麻衣,Gabriela Robin
 菅野よう子作曲。最も着メロ作成に時間と手間を掛けた曲。一音逃さず完全再現は恐らく無理ッ!
・「Wonderfull Opportunity」 B'z
 この曲を聴くまでB'zを誤解してたと思います。チャーーンスっ!の曲です。


□バトンを渡す先5人の犠牲者

 そうだなぁ、音楽好きと言う括りは必須だと思われるので。音楽の話をどこかで書かれたり話したりした人にしました。もちろん重複しない方をチョイス。 

 まずブロッガーの中から。

 えーっと、非常に音楽の趣味に共感が持てると言う事で「ぐれにー【IDLE TALK】」兄者お願いします。続いて、iPodをとことん愛でる新しい物好きと言えばの「まこっちゃん【SHODO(衝動)】」さんお願いします。

 mixiの中から音楽好きな親しい3人を。「しき」さん、「もちゃ」くん、オマケで「Akira」と……(コラ

 特に連絡はしませんです。気付かれたらよろしくお願いします。あ、もちろんこの企画の性質上、完全任意なのでスルーで問題無しです。

 と言うわけで企画に乗っかってみました。どんなもんでしょうか?選んだ5曲の共通点など無く、非常に混沌としていますがまぁこんなもんじゃないかなとは思いますw

#相変わらずサクっと書くといいつつ本文長いです。自分。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

Jun 11, 2005

Vodafoneにおけるデザインに思う

 つい先日、こんな記事が掲載されていた(らしい)。

 ITmediaモバイル:驚きと遊び心──ボーダフォンの新デザイン

 この記事を今日気付く辺り、ブロッガーとしての旬は過ぎちゃったなぁと実感する訳ですが、そんな事はともかくこの記事からはVodafoneにおけるデザインへの取り組みが読み取れます。


 質と言う点に着目し、「着ぐるみケータイ」と言う新しい機構をV501Tで打ち出し、そしてV501SHではDoCoMoのPシリーズで人気のカスタムジャケットに素材感を加えた新機構「テクスチャーパネル」と言うアイディアを打ち出した。

 Vodafoneに社名を変えてから、このように冒険した商品は余り無いのでその姿勢は買える。J-Phone時代の何でもやってやると言うあの姿勢はやはり大事だと思います。


 が、しかし。

 私は今回の2製品に関しての取り組みは歓迎できません。と言うより、これらの取り組みが持ち主の「満足」と言う要素を刺激しえない取り組みに思えて仕方が無い。Vodafoneの「開発したぞ!」と言う自己満足で終わりそうだ。


 V501Tなどは分かりやすいが、着ぐるみ装着時ではSDカードの取り出しはもとより、充電すら出来ない。折角の着ぐるみが台無しだ。

 デザインは目に付き、興味・関心をそそるものの、実用上の難を残してしまった点は、取り上げたどこのサイトでも必ず掲載されていたほど不便なものだ。せめてクレードル利用でもいいので充電は出来るようにすべきだった。

 デザインは良いけど、実際には利用しにくいから……、と敬遠されてきた携帯電話の例はこれまでにも数多くあり、今回のV501Tも悪しき前例との違いを打ち出せずにいる。

 まとめると、デザインはいいのに、パッと見て分かる実用上の難がお客の「満足」を刺激しえないと言える。よほどこのデザインが、発売後に取り上げられでもしない限り、大きなセールスを記録する事はないだろう。


 V501SHは一見無難だが、このパネルを取り付けるためだけに厚みが増し、重さが増し、見た目からもずんぐりとスタイリッシュに程遠いフォルムに成ってしまっている点が非常に惜しい。

 DoCoMoのPシリーズでカスタムジャケットが大ヒットした一つの背景として、Pがそれまで養ってきた薄型化の取り組みがあったんじゃないかと思う。カスタムジャケットが邪魔ではなく、装着しても十分薄型と言う点が良かった。

 厚みが22mm、重さが109gのP901iに対し、V501SHは26mm、137gと大きな差がある。実際に利用しても137gは重いと言われるレベルで、そこに質感がどうのこうのというより先にスタイリッシュと言えない所で既に、メインターゲットである「お洒落な大人」と言う層への「満足」に対する訴求力が無い。

 まとめると、ターゲットを絞った開発を行った割りに、パネル以外の部分が蔑ろにされてしまった携帯ではないか。パネルラインナップを見ても地味で、このターゲット以外の客層にも厳しいので、既存ユーザの乗り換え需要以外見込めないかもしれない。


 結局、今回の2機種に関して言えば、デザインを優先させ開発した所に大きな落とし穴があるんじゃないかと思った。いわゆる「機能美」と呼ばれる部分が非常に疎かで、実際に使う人の利用シーンなどが想定されていないと感じる。

 AUにしろ、DoCoMoにしろ、デザインを形にした携帯電話、これを使う人がどういう人になるだろうか?どういう使い方をするだろうか?と言う点に主眼をおいていると感じるだけに、デザインで出来る事をとりあえずやった、と言うVodaの温度差がより際立った。


 最後に逸れた話をするのもどうかと思うが、私がVodafoneから離れない理由。何度も言っているがV601SHが非常に好きだから、と言うのがある。

 当時最先端の機能を積めるだけ積んで端末は重くなったが、デザインで重くしていないし実用する上でもデザインが邪魔になっていない。塗装も凝ってて、分厚いのにスタイリッシュ。機能とデザインの両立。そこが大好きだ。


 逆に言うとデザインも一つの機能であって、実用する段階で邪魔だとか重いと感じてしまうデザインは、それはすなわち劣っている、と言えはしないか。


#デザインのために何かを犠牲にするのではなく、利用する人がこのデザインを必要とするにあたり、必要としない機能を切るべきだった、と思う。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

ダルの当て馬に

 まーた来たよ、今度は日ハムの注目ルーキーが広島相手に投入される模様。

◆ダル15日広島戦  先発デビュー

 日本ハムの1巡目ルーキー、ダルビッシュ有投手(18)が15日の広島戦(札幌ドーム)でプロ初登板することが10日、決まった。ヒルマン監督が試合前、「15日に登録し、その日に先発させる」と明言した。

 ダルビッシュはこの日から1軍に合流。思い出の地・甲子園でキャッチボール、ダッシュなどで汗を流した。「しっかり責任を持って行動しないといけない。チームが連敗中なんでピリピリしてましたね。15日に先発? それに合わせて調整したい」と表情を引き締めていた。 (金本2発サヨナラ 12球「弾」制覇)より引用

 なーにが責任ですか、この男は良くもまぁしゃあしゃあと。人一倍プロに対する自覚の無い男の責任って何だ?

 所で今期は、巨人の野間口、西部の涌井など、入団前から注目を集めていたゴールデンルーキー共が一斉に広島相手に巣立って行ってます。

 この流れも食い止めるべく14日からの3連戦、多分15日に来るんでしょうけど、是非ダルビッシュ攻略してやって欲しいですね。

#ちなみに、引用もとの記事によると元広島の金本君が全12球団からホームランを放ったそうな。へぇー。

<関連ブログ>
前田智徳に関する一考察: 舐められてるような気が

<関連記事>
ダルビッシュがプロ初先発、一軍昇格でフルスタ凱旋だ
#ま ず は 顎 鬚 を 剃 れ

<参加TBぴーぷる>
CARPぴーぷる - トラックバック・ピープル

| | Comments (11) | TrackBack (2)

Jun 05, 2005

ハンドルネーム変えました

 mixiでは既に告知済みですが、ハンドルネームを変更します。

 流石に、ローマ字表記でまともに読まれない、機種依存の可能性のある文字を使ったハンドルを6年使っているとそろそろ変えなきゃ不味いな。とも思うわけで。何より最近ちょっと変身願望のようなものがあるので思い切って変えてみました。

 エヴラカ丸.→「 ヨツガネ 」

 入力に掛かる手間が大幅削減(当社比43.75%の高速化を実現!)され、これまで以上に生産的なブログを更新していく事ができるものと確信しております!!(大げさ

 まだ移行に時間が掛かりそうなので(主に自分が慣れるのに)、半年程度併用して順次移行して行こうと思います。

 「移行して行こう」とか、それが言いたいが為のギャグじゃないのであしからず。

 色々思い入れの多い名前なのですが、いつか変わらなきゃ不味いと思っててずるずる6年引っ張っちゃってるという状況だったので、まぁ、暇にまかせて変更してみました!すでにちょっと後悔してたりもしますが、まぁ、そこの所よろしくお願いします!(・∀・)

 あ。もちろん、旧ネームで呼んでくださっても全く問題ないので、お好きな方をどうぞー。

#古くなったプロフィールもいったん削除しました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2005 | Main | July 2005 »