« 「パソコン通信」とはあーだった | Main | SONY、日本でも「CLIE」から撤退 »

Feb 22, 2005

モーションコントロールセンサ

 V603SHに搭載された「モーションコントロールセンサ」のレビューや開発者へのインタビューが掲載されていた。

 ITmediaモバイル:「V603SH」のモーションコントロールを試す
 「V603SH」開発者インタビュー 新UI、テレビなど機能満載のエンターテイメント端末

 うーん、これだけ見ちゃうと特に必要性を感じなくなるね。開発者の人も、

――メニュー系の操作も行なえますが、この機能はどういった意図で搭載することになったのでしょうか?

井脇氏
 最初は実用的なところを目指そうとしていたのですが、結果的にはプラスαの機能といった形になりました。基本はキー操作を行なっていただくことを想定しており、新しいUIも用意しました。ちょっとお遊び的な部分もあるかと思います。
「V603SH」開発者インタビュー 新UI、テレビなど機能満載のエンターテイメント端末)より引用

 おぃおぃ、サジ投げてない?w

 操作するためだけのギミックだったらSONYが得意とするジョグダイヤルや、V401Dに搭載されたコントロールパッドなんかの方が使える気がする。

 これにGPSを組み合わせたら良い感じの携帯ナビになるけど、ちょっとそれ以外の用途で目立って欲しいものがないな……。地磁気センサは誤差多いらしいし。

 うーん。使用者の方、どうなんでしょうか?

#V603SH、ちょっと購入を考えてたりもしますが。次を待つべきか凄く悩ましかったりするw

|

« 「パソコン通信」とはあーだった | Main | SONY、日本でも「CLIE」から撤退 »

Comments

V603SHなんですが、使ってみて面白かったと言うか、割と実用的だったのは、モーションカウンター(だったかな?名前、テキトー)ですね。
何かというと、モーションセンサーを使った万歩計です(笑)

万歩計機能搭載したケータイがあったらいいのになーと前々から思ってたんで、FMラジオも聞けて、万歩計も付いてるコイツは結構オススメかも。
あ、でもFMラジオを聴きながら、万歩計は使えないのか。

ただ、モーションセンサーって、素早い動きには反応せんので、モーションサウンダー(マラカス)とかは、思った動きはせんかったです。

ケータイとして見た時も、3GCのアレが嘘だったかのように使いやすいですしね。まあ、当然だけど。
唯一気に入らないのがメニュー。
個人的には、メニューの3D化はリソースの無駄だとしか思えんので、やめていいんじゃ無いかなとか。
ただ、画面下には2Dメニューも出てるんで、そんなに気にしなくてもいいんですがね。

ゲーム機として見ると、微妙。
256Kって、どうしても最近のアプリとしては容量狭いですしね。
iアプリからの移植が出来ない…(;´Д`)
(まあ、メガアプリみたくトチ狂った仕様じゃないだけ、作りやすくはあるんですが)

Posted by: ぐれにー | Feb 23, 2005 at 10:22

こんばんは、コメントありがとうございます。

万歩計……w
なるほど、そういう利用の仕方もありますよね。バックグラウンドでVアプリとして起動してカウントするんでしょうか。おもしろそう。

あ、それ関連のゲームとか出来そうですね。V603SH専用では面白くないので、他にも搭載機が出来れば可能性はありそうです。

SHはメニュー構成がおかしいので……。たぶん、それでも随分改善されてますよw

256KBでも容量少ないーって現状が何だか凄いですね。通信速度が21Kbps程度だったと思うので、この辺は2Gだから諦めろとの神の声でしょう(ぇ

JAVAかBREWか。このままVodafoneがBREWの波から脱落したら、やっぱり提供されなくなるんだろうか……(・・;

Posted by: エヴラカ丸. | Feb 28, 2005 at 22:44

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1924/3035056

Listed below are links to weblogs that reference モーションコントロールセンサ:

« 「パソコン通信」とはあーだった | Main | SONY、日本でも「CLIE」から撤退 »