« 【3/30】 「沿志奏逢」 LIVE DVD | Main | モーションコントロールセンサ »

Feb 22, 2005

「パソコン通信」とはあーだった

 来年3月をもって「パソコン通信」の代表格だったNIFTY-Serveがその歴史を閉じる。同時に、コンピュータの歴史もまた一つの時代を終えようとしている。

 先週NIFTY-Serve終了を知った直後、NIFTY-Serveにレクイエム記事でもささげてやろーかと思ったのだが。止めた。
 
 と言うのも、私がNIFTY-Serveに参加していたのは99年8月から実際には2ヶ月と少々ほどで、3ヶ月目には「大人の事情(mixiで後述w)」と言う奴が私(当時16)の身に降りかかって退会してしまっているから。

 つまり、余り深くNIFTY-Serve、及びパソコン通信はこーだった!と言える立場も知識も無いし、この頃はパソコン通信も廃れる一方の終盤に突入していた。だからパソコン通信がどーだったか!?なんて書くのもどうかと思って止めた。

 そうしたら、ITmediaの記事の中にですよ、当blogでも度々Clipさせて頂いてる小寺さんが、またタイムリーにパソコン通信を最盛期の様子なども加えて書かれていて面白かったので、その記事を紹介します。

 ITmedia ライフスタイル:「パソコン通信」とは何だったのか


 特に面白いな、と感じたのがこの部分。

 あまりにもリアルタイムで若過ぎるWebの匿名掲示板は、パソコン通信者にとって存在できる場所ではなかった。ネットワークが、モデムの先からEthernetの先を意味するようになった頃、パソコン通信世代のユーザーは、インターネットの世界でコミュニティ難民となった。

 そんな難民にとって、ソーシャルネットワーキングサイト(SNS)の存在が、インターネット上のNIFTY-Serveに見えたことは想像に難くない。インターネットとはそもそも垣根が取り払われた存在だが、そのなかに改めて垣根を作ったという意味で、画期的であった。
ITmedia ライフスタイル:「パソコン通信」とは何だったのか)より引用

 コミュニティ難民、と言う言葉は非常に良く的を得ていると思う。

 パソコン通信ではコミュニケーションをとることが前提となっているのに対し、インターネットではコミュニケーションは一つの選択肢でしかなかった。そして、インターネットが浸透するうちに、パソコン通信の特徴だった「垣根」のあるコミュニティと言うのは長らく失われる事になる

 IRCにしろICQにしろメッセンジャーにしろ、各種個人の経営するBBSであろうとも、MSNのチャットでさえも匿名性だけは、誰もどうする事も無く運営されていた。匿名性が無ければ人が集まらないと言うのがあの頃の常識だった。

 「垣根」のあるコミュニティは、インターネットの「匿名性」という性質とはギャップが大きかったのか、結果的にインターネット上にSNSと言う一つの(小寺さんに言わせると)画期的な発想が生まれるのですら何年も掛かってしまった。

 つまり、匿名性を伸ばして成功したのがインターネットモデル(2chなど)であり、その逆がパソコン通信モデル(SNS?など)と言えなくも無い。

 そうして潜在的にパソコン通信モデルを求める人々、つまりはコミュニティ難民は生まれる事になった。今のSNSの盛り上がりを見るに、非匿名コミュニティ(非2ch)を望むユーザは居たはずだ。なのにパソコン通信は衰退した。そしてNIFTY-Serveも遂に手を引く。


 理由は多くあるが、それは小寺さんが記事中に良く使われた言葉、「有料BBS」だったからだろう、と思う。「垣根」を買うのにお金を払いたくないと言うのがユーザの本音。古い話で1ch.tvも非匿名コミュニティだったが有料だった。理由はどうあれ盛り上がらなかった。

 なら、用済みとなったNIFTY-Serveを今から会員制の無料サービスにしたらどうだろう?と思ったが、現状のインターネット版NIFTY-Serveはビジネスとしては成り立ちそうに無いので無駄っぽい(フォーラム@Niftyもあるし)。こうしてNIFTY-Serveは終焉を迎えるのだ。

 小寺さんが書いたパソコン通信のあの頃を思うと、あーそうだったそうだったと色々思い出深いところもあるけど、これも時代の一つの流れと思う事にして、これから現れる新しい時代のインターネットユーザに「あの頃はなぁ」と3ヶ月だけの知識を、さもそれっぽく話していく事にしようw

 いや、しませんが(^^;

#3ヶ月の間は、ちょうどプロ野球シーズンだったので野球フォーラムに行ったり、フリーソフトの開発フォーラムに行ってみたり(Dibasとか)、ホームページ作成フォーラム等に顔出してましたね。ちなみに、それがどういう結果を招いたかはmixiに書いておきますw

|

« 【3/30】 「沿志奏逢」 LIVE DVD | Main | モーションコントロールセンサ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1924/3029763

Listed below are links to weblogs that reference 「パソコン通信」とはあーだった:

» さようなら「NIFTY-Serve」 [Sunday blog]
このタイトルを見て、おお、懐かしいと思ってしまった。 そうこれは何を隠そうニュー... [Read More]

Tracked on Feb 26, 2005 at 00:56

« 【3/30】 「沿志奏逢」 LIVE DVD | Main | モーションコントロールセンサ »