« ケロールが色気づいた | Main | ローサちゃん。なんの冗談だ? »

Feb 15, 2005

トラックバックの定義

 トラックバックの定義について自分の考えをまとめておこうと思う。

 余りに色んな所で様々なトラックバックのありかたや意義に関する論争や一方的な明示を見てきたけれど、そもそもトラックバックについての見解って皆、何を根拠に主張しているんだろう?そう、思うから。

 ・引用してなきゃダメ
 ・トラックバックを張ったんだからお礼トラックバックは礼儀でしょ
 ・勝手にトラックバックを削除された、ルール違反だ
  etcetc

 上記のようなやりとりを、変だ変だと思いつつも、私もココログからトラックバック可能なblogシステムの利用を始めたような若輩者であるため、正確な突っ込みを入れることは出来ませんでした。

 そもそもこのトラックバックに明確な定義なんてあるだろうか?あるとすれば……。

 で、思いついたのが、トラックバックの技術仕様書に確かそんな事が書いてあったようなー。そだ、それをもう一度見ればハッキリするんじゃないだろうかー?という思いつき。早速探してみた。

 そして、多分以前見たものと同じであると思われる「日本語化された仕様書」を発見した。そこには確かに「概要」と銘打たれてトラックバックの用法に関する記述があった。

 以下はその仕様書を和訳したページからの引用。(原文はこちら
 

概要

 この文書は web サイト間のピアツーピア通信/通知のためのフレームワークであるトラックバックについて解説したものです。トラックバックの中心となっているアイディアはトラックバック ping です。トラックバック ping は「リソース A は リソース B に関連/リンクしています」という内容を通知するリクエストです。

<中略>

1.ウェブロガー B さんのサイトでは、B さんのエントリを参照しているすべてのサイトが自動的に一覧表示され、彼のサイトを訪れる読者は、彼のエントリに関連していて、(他サイトにある) web 上のエントリもすべてを読むことが可能になります。もちろんその中には、A さんのエントリも含まれます。

2.トラックバック ping は誰かがリンクをクリックすることによって成立する暗黙のリンク(例: refferrer ログ)とは違い、2つのサイトにそれぞれある特定のエントリと特定のエントリの間に明示的なリンク関係を築きます。
トラックバック技術仕様書)より引用

 要約すると、

 ・「トラックバック ping」とは「あなたの記事に関連してます」あるいは「リンクしています」という事を通知するリクエスト
 ・「トラックバック」とは受け手と送り手がリンクを明示的に行うための手段

 であることが分ります。

 ハッキリしないように見えて、実はこれだけ、というシンプルなものでした。疑問を解決しないにしろ、これがトラックバックの全て。それ以上のものは無いようで。


 ですからこの内容を単純に解釈すると。

 記事に関連が無くてもリンクがあればトラックバックの用法として有効ですし、その逆でリンクが無くても関連性があればトラックバックの用法としては有効かと。もちろん引用の有無は関連性に関係するだけで直接は関係ないようです。

 そんなとこですね。


 ただ、トラックバック野郎がトラックバックに対してのココログ流の考え方を提唱してからという物、「トラックバックはこちらがリンクを張った事を通知するサービスだ。」と言う様な流れは確かにあるようです。

 無用なトラブルを避けるのであれば、こちらの記事から送り先の記事へのリンクを張っておく。と言う手間は必要なのかもしれません。限りなく面倒ですが。特に引用した場合はリンクをしておいて損は無いでしょう。


 とは言え、(日本独自ともいえるトラックバックに対する考え方も確かにありますし、それを否定する訳でもありませんが。)もう少しトラックバックは柔軟に考えてもいいものだ。と私は思っているんですが。どうでしょう?

#ただ、お礼のトラックバックを求めると言う意味の無い行動を相手に求めるのは間違ってるかな、とは思います。

|

« ケロールが色気づいた | Main | ローサちゃん。なんの冗談だ? »

Comments

>・「トラックバック ping」とは「あなたの記事に関連してます」あるいは「リンクしています」という事を通知するリクエスト
>・「トラックバック」とは受け手と送り手がリンクを明示的に行うための手段
この二つは同義ではないですか?

>リンクが無くても関連性があればトラックバックの用法としては有効
僕個人はその関連の仕方によってはありだと思ってますが、
「関連性」という言葉の受け取り方が人それぞれなのが
トラブルの原因かと。

となるとやはりマナーとしては
>トラックバックはこちらがリンクを張った事を通知するサービス
とするのが無難。
例外はトラバ企画やトラバセンターに対してトラバする場合ですね。

なので、
>無用なトラブルを避けるのであれば、こちらの記事から送り先の記事へのリンクを張っておく。と言う手間は必要なのかもしれません。限りなく面倒ですが。
これは順序が逆で、リンクが無いならトラバする必要ないわけです。
リンクの有無が主でトラバの有無は従だと思います。

>特に引用した場合はリンクをしておいて損は無いでしょう。
トラバ以前に、引用するならリンク張るのはマナーかと。

僕自身は、リンクが無くても有効なトラバだと思えば残します。
無駄だと思えば消しますw

Posted by: ボボコフ | Feb 15, 2005 at 11:27

>・「トラックバック」とは受け手と送り手がリンクを
>明示的に行うための手段

不愉快なトラックバックって、コレが無いですよね。
受け手だけにリンク張られて、送り手にリンクされないのがどーも。
( ̄▽ ̄;)

そして、飛んで行って見に行ったら、blogじゃなくて広告サイトだったり…
(しかも、すごく怪しいサイトだったりするし)

まあ、それでも3回に1回は、してもらって気持ちのいいトラックバックもあるから続けていきますけど。

後、技術的にうんぬんとか、明確な仕様・定義とか、そういうのももちろん大事なのはわかるんですが、一般の人に利用される技術にとって最も優先すべきは人間らしさっていうか、思いやりだと思うですよね。

もっと単純に、こういう風にトラックバックしたら、相手も喜んでもらえるかなーとか、そういう考え方でトラックバックしたいなと。

技術屋の考え方にしちゃ問題のあるかもしれんですが(汗)
まあ、三流技術屋の意見でした。
(^^;

Posted by: ぐれにー | Feb 16, 2005 at 10:50

こんばんは、コメントありがとうございます。

・ボボコフさん

>この二つは同義ではないですか?

厳密に言うと、「トラックバック」を実現する、
技術が「トラックバック ping」なので、
ちょっと違いますね。
詳しくは和訳サイトをご覧ください。

>これは順序が逆で、リンクが無いならトラバする必要ないわけです。

それがちょっと違うんじゃないか、と思って記事を書きました。
リンクを貼ったから、貼らなかったから。
と言う理由でトラックバックと言うのであれば、
以前からあったリファラーで十分用は足せるわけで。

用途としては記事の関連性がある場合でも、
ブロッガーとブロッガーを繋ぐためのトラックバック。
として十分有用ではないか、と個人的に考えています。

>トラバ以前に、引用するならリンク張るのはマナーかと。

これが中々やらない人がいましてw

私も十分承知の上で、
トラブルを回避するならやっておけば。
と言う提言です。

ただ、引用をキチッとやるなら、
引用記事の出展日時や記事を書いた人の名前とか。
あるので……リンクを貼る貼らないに関わらず難しいです。はい。

>僕自身は、リンクが無くても有効なトラバだと思えば残します。
>無駄だと思えば消しますw

まったく同じですw
ただ、無駄な記事の判別が出来なくて。
広告は俊殺してるんですが。中々。


・ぐれにーさん

>受け手だけにリンク張られて、送り手にリンクされないのがどーも。

ある意味じゃリンクフリーを宣言してるんで、
その逆も同じでもいいかな、と思う自分もいるんですが。

相手がそれで良ければ私もそれで良いかも。
と思います。こっちは物的な損はしないんで。

広告の場合は、私のページを見た人が、
その後2次的な被害に遭われたら面倒なので、
早速にでも消してしまいます(^^;

>最も優先すべきは人間らしさっていうか、思いやりだと思うですよね。

そのとおりだと思います。

ただ、送り手側だけにそれを求めるのは酷です。
不愉快なリンクであっても、
送り主がどう考えて送ってくれたかは察せませんから。

相手に悪気があるのか、配慮が足りなかったのか。
そんな事が分からないうちに消してしまう事で、
相手が傷つくなら私は出来るならやりたくありません。

広告スパムに配慮はまったく無いと思いますがw

まとめると。

私は記事にも書きましたが、
ことトラックバックに関しては、
もうちょっと柔軟に考えてもいいものかなと。

技術的な解釈をわざわざ書いたのは、
考案者は特にトラックバックにルールを求めてはいなかった。
と言う原点を伝えたかったんです。

ちょっとでしゃばり過ぎましたかね?(汗

Posted by: エヴラカ丸. | Feb 16, 2005 at 23:51

>もうちょっと柔軟に考えてもいいものかなと。
仰る事はわかりますが、
柔軟に考えるとその範囲は人によってかなりのばらつきがあり、
それによって不快感を感じる人が多くなってるのが現状だと思います。

僕がリンクなしでも有効なトラバだと感じるのは、
受け手の記事に直接関連した話題の場合です。
この直接というのは、例えば
・Aさんがカープの紅白戦の感想を書いた。
・Bさんも紅白戦の感想を書き、Aさんにトラバ。
この場合を含みません。
Bさんの記事の内容に、Aさんの感想やAさんに直接関連する記述があれば有効だと思います。
「元ネタが共通」というだけでトラバしていたら
膨大な数のリンクが張られるだけで、
それをたどる事に特に意味は無いと思うからです。
その膨大な数のリンクは有効なトラバを埋もれさせますし。

つまり送り手受け手というよりは、
読み手の事を考えて判断します。
読み手の思考なんてわからないと言えばわからないですけど(汗)

>ただ、送り手側だけにそれを求めるのは酷です。
トラバをするかどうかの判断は100%送り手にあるわけですから、仕方ないと思います。
受け手は言い方を変えれば強制的に自分のサイトから相手のサイトへリンクを張らされるわけです。
それなのに相手のサイトには自分のサイトへのリンクはおろか影も形も見られないとなれば、
気分を悪くする人が多いのは当然です。
やはり送り手が配慮すべきじゃないでしょうか。

長くなって申し訳ないですがもう少し言うと、
>ある意味じゃリンクフリーを宣言してるんで、
>その逆も同じでもいいかな、と思う自分もいるんですが。
リンクフリーとその逆では全く意味合いが違うと思います。

>こっちは物的な損はしないんで。
考え方の問題もありますが、
損すると思う人が多いから嫌がられてるわけです。
実際は損はそれほど大きく無くても
相手だけ得をするというのはありますし。

そんな時に「削除しないでやり返してやろう」という発想から「逆トラバ」というものが生まれ、
そんな事情を知らない人達が
「トラバされたらお返しするもの」
という勘違いをして奇妙な習慣までできてしまったわけで。

なので個人的にはその都度判断しますが、
一般的に「マナー」という場合は
「リンクを張った事の通知」
と限定した方がベターかなと。

上手く機能すれば非常に便利なので、
できるだけ有効に使いたいものです。

Posted by: ボボコフ | Feb 18, 2005 at 15:53

こんにちは、コメントありがとうございます。

最終的には、
>上手く機能すれば非常に便利なので、
>できるだけ有効に使いたいものです。

に尽きるんですよね。

トラックバック技術でTBピープルなど、
新しいサービスも誕生したり、
繋がりも生まれていっているので上手に使いたいです。

>「元ネタが共通」というだけでトラバしていたら
>膨大な数のリンクが張られるだけで、
>それをたどる事に特に意味は無いと思うからです。

同じネタであっても加工の方法は人それぞれなので、
一つの記事のトラックバックからたどる事にも、
少ないなりにも意味はあるんじゃないかなと思います。

>その膨大な数のリンクは有効なトラバを埋もれさせますし。

これは確かに問題かなと思います。
引用文よりコメントが短い記事など、
ちょっと探せばほんとに沢山ありますからね。

>それなのに相手のサイトには自分のサイトへのリンクはおろか影も形も見られないとなれば、
>気分を悪くする人が多いのは当然です。

個人的にそれは今までなかったんですが。
人によってはありえるかもしれません。

国民性の違いもあるかもしれませんね。
欧州や米国など、blog先進国ではどうなんでしょうか?
ちょっと調べてみようかな。

>「トラバされたらお返しするもの」
>という勘違いをして奇妙な習慣までできてしまったわけで。

ココログル等、関連する話題をすぐ探せてしまうので、
とり合えずTBしとこう~見たいな流れが出来たかもですね。
相手の記事にこっちのリンクがないから、
お返しして相手記事にリンクを挿入しよう。とか。

実際のところは知りませんが、
相互にリンクすると言う意味合いで使ってる人が、
案外居たりするのかもしれませんw

>一般的に「マナー」という場合は
>「リンクを張った事の通知」
>と限定した方がベターかなと。

難しいですね……。

私の場合は記事の最後に、
<関連ブログ>
としてTBを送ったブログさんのリンクを掲載する形をとってるんですが。

やはり記事の内容にも一言言及するべきでしょうか?
明確なルールや記述がないトラックバックだけに、
一度考え出すときりがないです。ほんと(^^;

Posted by: エヴラカ丸. | Feb 18, 2005 at 16:42

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1924/2934797

Listed below are links to weblogs that reference トラックバックの定義:

» トラバのルール [ぽんすブログ]
以前、「トラバどうもです。」の記事にて「トラックバックありがとう♪」と感謝する必要はなさそうだと書き [Read More]

Tracked on Apr 24, 2005 at 17:08

» 空トラックバックってどうなのよ(3) [ブログ超初心者の無料アクセスアップ法]
空トラックバックを考える3回目。 ※関連記事 ・空トラックバックってどうなのよ( [Read More]

Tracked on Oct 12, 2005 at 21:56

« ケロールが色気づいた | Main | ローサちゃん。なんの冗談だ? »