« mixiでも頑張ります宣言 | Main | 感情を表現する車 »

Feb 17, 2005

何というか mixi2日目

 昨日書いたとおり、mixi2日目を迎えました。早速昔の友達の友達に捕捉されたりして楽しくやってます。


 所で、コミュニティという機能があるんですが。

 これは同じ趣向をもつ人のサークル機能なんですが。何というか。

 参加すればするほどに人の業というヤツが深くなって行くような気がするのはどうしてだろう……_| ̄|○

#カープ、菅野よう子、ミスチルはデフォですよ。しかしながらユカタン、うっちー辺りになると何というか……照れる(苦笑

|

« mixiでも頑張ります宣言 | Main | 感情を表現する車 »

Comments

興味あったんで覗いてみたんですが、mixiって、バナー広告収入なんですねー
SNSって、広告でお金を得るには向いて無いんじゃないかってイメージがあったんですが、どうなんでしょう?
ビジネスとして儲かってるんですかね?
ちょっと興味津々。
(゚◇゚)

Posted by: ぐれにー | Feb 18, 2005 at 14:58

こんにちは、コメントありがとうございます。

この話題、私も興味津々なので長めのコメントを返しますw

SNS。
昨年参加した段階では実際の友人など、コミュニケーションを取れる相手が居なかったのでそのまま一度、フェードアウトしていったんですが。

幼馴染やクラスメートなんかが居る今では、すっかりハマってますw今までのネットの中には存在し得なかったコミュニケーションが取れてます(^^

例えるならインターネットより、ユーザが同様に判別できたパソコン通信っぽい、かな。Nifty-Serveを思い出しました。


収益モデルとしては、確かにバナーは目立たないですし、レビュー機能で提供されてるAmazonアフィリエイトも、あれだけのユーザを抱えるサービスとしては全然収入の足しになっていないと思います。

ただ。ユーザは今のところ順調に増えて30万人強。これからどんどん関連サービスを開始できる状況にはあると思います。1月27日から315円の有料機能も始まりました。

このモデルはハンゲームなんかと似てる気がしますね。主幹サービスは無料で、ユーザがこなれて付加価値が欲しいときに、そこで始めてお金を落とし始める。と言う形態、かな。ハンゲだとアバターにあたる様な。

案外この手のモデルは今後増えるんじゃないかと(パンヤもそうですよね)。ココログでも追加料金払っておられる方が割と多い様子などを観察すると、ユーザは現状のサービスに優良な印象があると、積極的にお金を落としていくんじゃないでしょうか?素人の意見ですけど。

この辺、一歩先を行ってる韓国の事情なんかを調べてみたいです。

ふと思ったのが。ここに、SNSを流通手段として認識し、CPさんが何らかのコンテンツを提供できる形が生まれたりすると、新しい商売が誕生するかも、です。どうですか?w

長くなりましたが、SNS。まだまだ発展途上ですが、ユーザとしても商売としても魅力はありますよ。(mixiは18歳以下のおこちゃまがいないのも魅力だったりしますw)

<参考>
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0407/21/news003.html
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0501/27/news056.html

Posted by: エヴラカ丸. | Feb 18, 2005 at 16:15

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1924/2970439

Listed below are links to weblogs that reference 何というか mixi2日目:

» Buy cialis mg x in us online pharmacy. [Cialis best price buy online.]
Cialis best price buy online. Online pharmacy cialis on line. [Read More]

Tracked on Sep 14, 2007 at 12:14

« mixiでも頑張ります宣言 | Main | 感情を表現する車 »