« HDDの余命 | Main | 2030年、日本 »

Jan 25, 2005

3度目のデジカメ欲しい病

 自分が病んでるんじゃないか?と思う瞬間は色々あるけれど、中でも、「ある日突然デジカメが欲しくなる」と言うのは、全くもってどうにかした方がいいと思う → 自分

 でもね。あるがままに生きようと願うから人はまた傷ついて行くわけで(ぉ

 スタパ齋藤の「週刊スタパトロニクスmobile」オイシイところが多々ある一台「コニカミノルタ DiMAGE A200」

Konica Minolta DiMAGE DG-A200

 アンタ……、またやらかしちゃったよ……。「DiMAGE A200」か。うーむ。

 私と記事の著者である所のスタパさんの関係は、そう、例えるなら「み○もんた」と「思いっ○り生電話! の中の人」の関係に近く、みのが「Yes!」言えば「何でもYes!」な状況に近しいとさえ言える。

 まぁ、ぶっちゃけ売れっ子ライターとただのファンの関係なのだがw

 ただ、この記事が書かれたときには数ヵ月後に「Panasonic LC20」を購入し、はたまた超有名なこの記事が書かれた時はまた数ヵ月後に食事をケチって「KONICA Revio KD-510Z」を購入したりした。

 つまりは私の買ったデジカメ2台のルーツは全てがスタパさんだったと言えるわけで。だもんで、記事を読んで例に漏れず「コニカミノルタ DiMAGE A200」に相当な魅力を感じるに至ったんですなw

 何より今まで買ったデジカメとは根本的に違う「色」が非常に気になった。スタパさんは、

 A200はと言えば、そういう強い個性はあまり感じなかった。デフォルトの設定で撮ると、微妙に抑えめだけど素直な発色で、ノイズも(過去のミノルタ製デジカメ等から比べると)非常に少ないと感じた。見た光景とだいたい同じ画像が記録できるって点では印象が良いが、あるいは見た画像をデジカメがどう写し取ってくれるのかに期待すると微妙に物足りない!? みたいな。 (スタパ齋藤の「週刊スタパトロニクスmobile」オイシイところが多々ある一台「コニカミノルタ DiMAGE A200」)より引用

 と、「微妙に物足りない」と表現されておられるが。

 私の場合は、LC20とKD-510Zのただただ明るくシャープな画像とは違う、A200っぽい……。何と言うか明暗、コントラストの部分が非常に好ましい印象を受けました。ノイズが少ないことも影響したのか、黒は黒と素直に表現しているのが何だか好感触。

 単に私の使ってるビデオカードが「黒」に定評のあるMatroxのG550であるからとか、やけに視野角が狭く照度も低いD社製ディスプレイだからと言う理由では語りきれない感じ。

 例えば、コニカミノルタのA200サンプル画像のページにある「サンプル画像5」なんかの画作りはほんと私の中の理想に限りなく近いかも。

 更に言うと、この画像を800×600程度へ縮小したときの解像感が何ともまぁ。近年のデジカメは800万画素化によって、小さいサイズの写真作りにはデータ量が多すぎて「向かない」とされているけど。A200はそこの所素直な画作りの為か、縮小しても割合「見れる」。

 この辺は人の主観も入るし、何よりカメラについて全く知識の無い素人な私の感じた第一印象をそのまま書いただけだから信憑性は無いけれどね。スタパさんが挙げた「オイシイところ」に加えて、好きっぽい画質的な良さも私の背中を後押しする……。


 けど、A200を私は買わないだろう。と言うのも今までの傾向を見ると分かるのだが、大抵はスタパさんが紹介されたモノの次の機種を狙うのだ、私は……w

 特に、KD-510Zの場合は、スタパさんの記事によって前モデルのKD-500Z売り上げが伸びた事が直接の原因だったのかは知らないが、随分スタパさんの声が届いたと思うような修正があったからだ。実体験として、ほんとスタパさんありがとうと思わずにはいれないというか。

 もちろん打算的な私は、スタパさん抜きでもA1(A2)→A200ときて、次に成熟しきったA3やらA250やらA300を待ってみても良いかなと思ってます。いつ出るか知らないけど、未だ以って「A200」は高いし、後続機が出た頃にA200を買っても不満は(たぶん)無いのでここは待ちの一手。


 ……、個人的には、だね。SDカードもかなり安価になった(1GBが8千円以下とか)し、この機種にもCFカードとのデュアルスロットとして標準でSDカードスロットを備えて欲しいという願いがあるからなんだけど。届かないもんかな?w(無茶

#でも、小型のMPEGムービーを撮影するヤツ(PanasonicとかSANYOのアレ)も欲しかったりするわで、日本におけるデジカメ熱は徐々に沈静化しつつあるものの、私の中の物欲はまだまだとどまる所を知らない様子。どっちもかう、か?w

<アマゾン>

Konica Minolta DiMAGE DG-A200

コニカミノルタ 2004-11-27
売り上げランキング 918
おすすめ平均


Amazonで詳しく見る
  by G-Tools

<関連記事>
【新製品レビュー】コニカミノルタ「DiMAGE A200」【ハードウェア編】

<関連ココログ>
nabe-blog: スタパ齋藤の「週刊スタパトロニクスMobile」オイシイところが多々ある一台「コニカミノルタ DiMAGE A200」

|

« HDDの余命 | Main | 2030年、日本 »

Comments

こんにちは。
私もスタパ氏の記事は、いつも楽しく読んでいます。
普段から、ついデジカメ売り場へ行ってしまい記事になった機種を触ってみたりとか。
去年、思わず買ってしまったPanaのFZ2も、あの記事を見てなかったら買ってなかったと思います。

Posted by: Moke | Jan 26, 2005 at 00:40

こんにちは、コメントありがとうございます。

個人的に、スタパ氏の記事にはストーリーがあるので面白いですね。

動機→使用レポ→良かった点→不満→展開
→(こう言う人にお勧め)→オチ

レビューと言うより読み物として単純に面白いし情報盛り沢山。
だから読んだ後には、

「よっしゃ!買うぜブラザー!!」

となるんでしょうかね?不思議ですw

私も親にSHARPのリナザウSL-C700を買わせたり、
友人に不気味なメロディが鳴る充電機買わせたりと、
すっかりスタパ教徒と化しております。

……。
「浄水器」とか「幸運の黄色い財布」とか
「スタパプルーン」のレビューは勘弁して欲しいけどw

Posted by: エヴラカ丸. | Jan 30, 2005 at 14:26

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1924/2686963

Listed below are links to weblogs that reference 3度目のデジカメ欲しい病:

« HDDの余命 | Main | 2030年、日本 »