« ペヤングだー | Main | 第9回秋華賞(G1)予想 »

Oct 16, 2004

シーツは退団か、球団は慰留

 広島東洋カープの外国人選手の動向がそろそろ分ってきました。ベイル&ラロッカは再契約に向けて積極的に交渉するようですが、気になるのはシーツ内野手。

 昨年も年末までもつれ込んだのでまだ分りませんが、CCPさんの所の記事によると、

 松田オーナー「後ろでしっかりした投手を取りたい。シーツは年俸が折り合わない可能性が高い。右打者の内野手の獲得はトレードも含めて考えたい」(カープニュース blog ver.: 山本監督がオーナー報告/シーツは退団が濃厚)より引用

 なのだそうです。まぁ、確かに年俸の現状キープはありえないので、ダウン提示になるとは思うのですが……。球団側の反応といえば、今日の中国新聞を見ると、

 今季在籍した外国人選手は11勝したベイルと打率3割、40本塁打、100打点をクリアしたラロッカの残留を優先的に交渉を進めていく。「シーツとは11月から条件提示に入ることになっている」と話した。 (中国新聞 カープ情報)より引用

 と、一応交渉の準備はあるようです。ただ、昨年の段階で難航した契約だっただけに、契約の再延長を提示する今年は流石に合意には至らないかもしれません。

 私としては、球団側の提示額で契約が難航し、来期のシーツ選手との契約に一億円以上の年俸を支払うような事になれば、無理に引き止める必要は無いなと思っています。

 ショートを守れる選手には、東出や尾形、福地、岡上など鍛えれば輝きそうな原石がゴロゴロしていますし、来期の活躍が保障できないシーツ選手をスタメンで使い続けることは、現状では弊害が多いような気がします。

 何にせよ、2年間広島の苦しい内野事情を補ってくれた救世主でしたし、シーツ選手が居なくなるのは寂しい物があります。あの華麗な守備も今年で見納めとなってしまうのか。気になる話題ではあります。

#とはいっても、今年はちょっと雑でしたね。19失策や記録に残らない粗雑なプレーも目立ちましたし、バッティングも打ち気になり過ぎて去年の成績から大幅ダウンしましたし。厳しい見方をすれば、やはり退団が妥当か……。

|

« ペヤングだー | Main | 第9回秋華賞(G1)予想 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1924/1691321

Listed below are links to weblogs that reference シーツは退団か、球団は慰留:

« ペヤングだー | Main | 第9回秋華賞(G1)予想 »