« 第58回セントライト記念(G2) | Main | BBS設置してみました »

Sep 19, 2004

コスモバルク!!!

 コスモバルク、セントライト記念優勝!菊花賞への優先出走権を獲得!

 全日本コスモバルク追っかけ党の私としてはうれしい限りなんですが、なんて恐ろしい馬なんでしょう、コスモバルクは。

 勝ち時計2分10秒1って……。

 芝2200mの日本レコード(H7.6.4京都、ダンツシアトル2分10秒2)更新やん……。それを中山競馬場で出すか。絶句。

 死のダービーでのキングカメハメハの激走も凄いけど、ここでのコスモバルクも凄い。この世代は本当にどうなってるんだろう。

 そのキングカメハメハは神戸新聞杯→天皇賞・秋→JCと狙っており、コスモバルクは今後、菊花賞を狙う。直接対決は、あったとしてJC、または有馬記念か。

 菊花賞(京都、芝、3000m)の距離は、どうしてもコスモバルクには長いと思うが、天皇賞・秋でキングカメハメハと古馬にぶつかるよりG1を取りに来た格好となる。間違いではないと思う。

 が、今日のレースを振り返ると、コスモバルクは完全に掛かっていた。1000m付近で、私が「ゲッ!抑えろ、いがらしふゆきぃぃぃーー!」と叫ぶ間もなく先頭に立つと、そこから最後まで誰にも抜かせることなく完勝。

 強い競馬とも映るが、逆に折り合いが全ての本番、3000m戦では非常に不安な結果だったとも言える。血統的なスタミナ不足や気性の面での不利があるが、コスモバルクは、一度は跳ね返されたこの「距離の壁」に打ち勝つことが出来るのだろうか。

 弱点はもう分っている。今後、この弱点をどう乗り越えてコスモバルクは戦い続けるのか。菊花賞だけでない、古馬になってからの日本での中距離路線は、宝塚、天皇賞秋を目指す以外に無いのだから、何れはこの弱点を乗り越えなければならない。

 今日の結果はコスモバルクのパフォーマンスでどうにか押し切ったと言える。今後、このパフォーマンスをどこまで引き出し、今後の中長距離G1戦線を乗り切るか。私は今、なんとなく、血統や境遇を乗り越え転戦連勝してきたオグリキャップのそれと姿が重なる。打ち破るのは不可能ではないと思う。

 バルクが激走するのはある程度予想済みだったけど、このレースでの驚きは、個人的にホオキパウェーブが1秒と離れぬ2着にきた事。馬場が良いと言っても、それほどまでの実力を秘めていたとは。今後、逃げずにホオキ君も考慮することにします(^^;

 さて、今日はもうひとつ。ローズSがありました。結論、

 予想しなくて良かったw

 に尽きる。

 牝馬の強さは移ろい易い物。とされるけど、まさかダイワエルシエーロ、スイープトウショウが揃って負けるとは。

 それも勝った馬があのステイゴールドの全妹。レクレドールとは。競馬って分らない(失礼

 血統的に見ると、母方にファイントップ系とノーザンダンサー系の太いエンジンがあるんで、コスモバルクとは対照的に、中距離から長丁場まで対応できる。これは確実に母系から遺伝してる。SSの影響があれば良いスピードが出そうだ。

 もちろん、この仕組みのおかげでステイゴールドは長い長い黄金旅程を歩む羽目になったんだけどね。妹は早速クラシック戦線の主役に躍り出た。ステイゴールドファンだったのでうれしい限り、真の意味でのスターホースとなれるのか、注目。

 今週は非常に楽しい開催だったけど来週は神戸新聞杯とオールカマー。キングカメハメハ、ハーツクライ、ハイアーゲーム、ダイワメジャー、ピサノクウカイなど、菊花賞や天皇賞・秋を目指す3歳馬が多数登場するので凄く楽しみ。

 もちろん、オールカマーで迎え撃つ古馬も黙って負けるわけには行かないし、その先の天皇賞・秋はトップクラスの古馬がキングカメハメハ率いる3歳軍団を迎え撃つわけで……。今年の秋は面白い。

 来週は、出来るだけ両方のレースを予想してみようと思います。

 コスモバルク、菊の季節に花咲くことは出来るのか。とにかくは出走権奪取、おめでとう!

#あ……。明日も開催あるのね。ん~。暇だったら……やってみようかな。3連単狙いとかで。バルクは菊花賞で私は一番に予想することが出来るのか……、それも不安。

|

« 第58回セントライト記念(G2) | Main | BBS設置してみました »

Comments

こんばんは~。
無事に、パソが復活して(作者さんのメールで解決できました)
マイパソからの書き込みです。
ああ、3連複に5000円入れれば、パソコン買えたのに・・・。
(無理無理

ニコラス君は、まだまだだね。
ちょっと夢見ちゃいました。

バルクは、ワタシもダメかと・・・。
それにしても、ホオキバ君と一緒にスゴイ。

秋競馬、難しいし、面白いですね♪
来週も楽しみw

Posted by: めかりん | Sep 19, 2004 at 22:30

コメントありがとうございます。
復活おめでとうございます(^^

ニコラス君は凄い所走ってましたからね~、
まだまだ馬が若いんでしょうか。
メジロの馬らしく、これからの成長に期待しますw

中山競馬場で日本レコード更新!
ってのはインパクトありました。
コスモバルクは勝負根性とパワーならば、
この世代の中でもトップだとは思ってましたが、
あの急坂でも全くスピード落ちずに入線!

ほんと、化け物っぷりを発揮してくれました。
指す馬と同じ速度で逃げ切られたら他の馬はつらいw

むしろ、あの速度に迫ったホオキ君は凄いです。
秋競馬は「3歳馬」に注目して行こうと思います。

それでは、また!

Posted by: エヴラカ丸. | Sep 21, 2004 at 02:09

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1924/1472057

Listed below are links to weblogs that reference コスモバルク!!!:

» バルク完勝?辛勝?それでもレコード「セントライト記念」と「牝馬は格より調子「ローズS」結果 [めかりんだいありぃ]
セントライト記念・・・ くっそー3連単取れたのにぃー よく見たらあんまり穴ねらいになってませんね。(汗 だったら トゥルーリーズン入れておこう。  ... [Read More]

Tracked on Sep 19, 2004 at 22:21

» コスモバルク優勝! 第58回セントライト記念GⅡ  [3688入倉数広選手応援サイト]
コスモバルク この馬のすごさには関心する。血統はあまり良くなくまた、地方競馬より [Read More]

Tracked on Sep 19, 2004 at 23:57

» コスモバルク優勝! 第58回セントライト記念GⅡ  [3688入倉数広選手応援サイト]
コスモバルク この馬のすごさには関心する。血統はあまり良くなくまた、地方競馬より [Read More]

Tracked on Sep 20, 2004 at 00:05

« 第58回セントライト記念(G2) | Main | BBS設置してみました »