« 食い違うハルウララ事件 | Main | この前の地震がアニメ化 »

Sep 17, 2004

小学生、スクワットで疲労骨折。

 問題はともかく、凄いな、と思うニュース。

 (注、記事下部に追記を書きました。

 NHKの番組「課外授業ようこそ先輩」(日曜午前8時25分)の収録中、大阪市内の小学6年の男児(12)がスクワット運動をして、腰を疲労骨折していたことが15日、分かった。<中略>男児は普段から野球などスポーツ好きで、当日は350回もスクワットを行い、周囲が止めるほどの頑張りをみせた。<中略>NHKは「今日(15日)制作会社から連絡があった。すぐに児童に謝罪に行ったが、両親は放送を喜び、逆に恐縮された。詳細は調査中」とコメント。男児の母親は「普段は野球でもっとハードな練習をしています。この子が少し頑張りすぎたんです」と話した。(Yahoo!ニュース - エンターテインメント - 日刊スポーツ)より引用

 この放送では、元ボクサーでタレントの赤井英和さんが、小学生相手にボクサー時代の思い出を語り、そして授業の一環としてスクワットを実施するなどした模様。

 その際、その中の男の子ががんばり過ぎて350回のスクワットをこなし、後日疲労骨折が判明し、15日明らかになった模様。

 疲労骨折と言うのも凄いですが350回もスクワットをした彼の頑張りには驚く所がありますね。このニュースを見て眉をひそめる親御さんも居られるでしょうが、私としては凄い小学生だな!と褒めたい所です。

 もちろん、監督者は加減を知らねばなりませんし、オーバーワークが明らかな運動を強いてはいけません。怪我をさせてしまった点の過失はあったと思われます。

 ですが、自ら率先して何かに必死で取り組む事は決して悪い事ではありません。この事を評価できる大人が少ない現在、「この子が少し頑張りすぎたんです」と言える親御さんは今やユニークな方だなと言えるでしょう。

 いわゆるスポ根をそのままニュースにしたような話題ですが、とにかくは大事に至らなくて良かったと思います。そして、この子の頑張りをここに記録しておきたいと思います。

 あなたは凄い!

#私なんか10分の1の35回もやりゃ次の日に影響出ますよ(笑

<追記>
このソースには書いてなかったんですが、こちらにはとんでもない事が書いてありました。

 黒岩和子校長によると、スタッフには「子どもたちががんばりすぎて筋肉痛になる」と中止を訴えたが、「スクワットでないと番組が成り立たない」と断られたという。このため「絶対に無理をさせない」という条件でスクワットの企画を認めたという。(TV収録の児童、スクワットで疲労骨折 NHK - asahi.com : 社会)より引用

 これはダメでしょ。突発的な計画ではなく、予定された計画であり、また、小学校側は未然に防ごうと言う努力をしたのにもかかわらず、収録を強行したことは今後追及されるべきです。スクワットは特に負荷の大きい運動である事からも、安全性を検証することが望ましかったのではないでしょうか。普通は10回×3セット程度が運動と言えるレベルです。

|

« 食い違うハルウララ事件 | Main | この前の地震がアニメ化 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1924/1454164

Listed below are links to weblogs that reference 小学生、スクワットで疲労骨折。:

» TV番組のありかた [よろぢうニュース速報]
TV収録の児童、スクワットで疲労骨折 NHK - asahi.com : 社会よ [Read More]

Tracked on Sep 17, 2004 at 07:16

« 食い違うハルウララ事件 | Main | この前の地震がアニメ化 »