« カープ、合併承認議決を棄権!  だが……。 | Main | PDFファイルは「タダで作成」 »

Sep 07, 2004

マザーボード換装作戦その2

 こんにちは、台風で途中から休講になり帰って来る最中風で髪型がすごい事になっていたのでその事を伝えようとオクレさんとひばりの息子とヨン様の画像を使い単発のネタを作ろうと思い途中まで作業していましたが余りに馬鹿馬鹿しいので途中で断念した、管理人@根性無しです。

 自己紹介長くなりました。さて前回。マザーボード購入の経緯などを書いていった訳ですが、その続きを書いてみようと思います。

 PCの組み立てはパーツを正しく差し込むだけなので比較的簡単です。ただし、CPUファンなどの取り付けには非常に力を要するので、この辺のコツが分っているのと居ないのでは疲れが非常に違います。

 ……。まぁ。ここに思いっきり時間と体力を食われた訳ですが。

まざ~
奥のクーラーマスターが固かった……。

 カクテル飲んで上機嫌だった夜9時から作業をはじめ、気がつけば翌日1時に成ってました。全部組みあがるまで。

 でも、完成したと言う事で起動チェックしてみる。起動のビープ音が鳴り、無事立ち上がりました。

起動画面
ぱっ……。

 何か、一部とても間違った箇所があるんですが……。気のせいだと思うことにして作業を続けます。HDDなども装着し、マザーをケースに固定。

 試しに、前のマザーの環境のまま立ち上げて見ます。幾らなんでもマザー換装したわけだし、上手く行くはずが……。と思っていると、あっさり起動。ものの10分でデバイスの自動認識も完了し、ちゃんと以前の環境になった。凄いぞWindowsXP

 だが、デバイスを調べていくうちに、先程の悪寒が現実のモノだったと判明する。

CPUでーた
衝撃のCrystalCPUID

 またコレかよ_| ̄|○

 ※解決しました!

 また。と言うのは、以前のマザーでも誤認識していたから。本来はFSB133Mhz(266)で動作するAthlonXP1700+(↓証拠画像)がFSB100Mhz(200)で認識されてしまい、以前のマザーではにっちもさっちも行かなかった。

コア
証拠コア

 赤線部分を解説すると、「AX」とはパロミノコアのAthlonXP/Duronであること。「1700」はモデルナンバー。「C」はFSB133Mhzである事。「A」は1.75Vで動作する事が分ります。

 つまり、本来は133Mhzと認識されなければならないのですが、BIOSを眺めてもどうも100Mhzと誤認識してダウンクロックして本来1.46Ghz動作の所、1.1Ghzで動作しているようです。

 タチが悪いのが、このマザー。FSBは自動認識なんですよ。とは言っても、前のマザーでも再現されているので、CPUに問題があるのかもしれません。もう長い事使っているCPUなので、痛みもあるとは思いますが……。

 せめて、マザー側で調整できるディップスイッチでもあれば話は別なんですけど、このマザーには付いてない。何故かBIOSでも132Mhzまでしかあげることが出来ず、限界まで上げるとOC扱いになるのか落ちるし。うーん、サッパリ。後で価格.COMで質問出してみます。基本的な何かを忘れてる可能性もあるので。

 ともあれ、これでひとまず環境的には安定しました。この後OSの再インストール後に、ベンチとって比較してみます。今の段階では、全く以前と状況は変わってないんですが。実は少しでも改善されたりするものだろうか。

#この誤認識を一番どうにかしたかったのだが……。ダメでした。

##<追記>どうやって修正したかは次の記事で書きます。OS再インストールしてから書くので今しばらくお待ちを!

 すいません、記事書くほどの事でもなかったのでこちらにその結果を書きます。

 結局のところ、ディップスイッチ。あったんですよ。

 FSB100MHz限定(安全モード 仮)と、FSB133/166/200MHz(Autoモード)を切り替えるのが。

 所謂「田形コネクタ」のすぐ傍に青いスイッチが。これ、私きっちりONにしていると思ったんですよ。

 えぇ、3年間(実は前のマザーにもあった)。

 よく説明書見たら、CPUセットアップのページよりもずっと前に、何の脈絡も無く

 「スイッチの変更をしてください」

 とか書いてあったので大慌て。

 「えー、でも確かにONに成ってるハズなんだが……。」

 と思ってネットで検索すると。

 「ONは100Mhz固定モード」

 だったそうで。

 なんて紛らわしい……_| ̄|○


 OFF側にしてやったら無事、

 「Athlon XP 1700+」

 と認識しました。

 それほど体感できるほど速度は変わっていませんがマザーを変更して、このスイッチを入れただけで、CrystalMarkでのスコアが8000とちょっと増加したので間違いないでしょう。

 まぁ、折角のデュアルチャネル動作なのにPC2100の一枚差し動作。CPUも所詮は1700+なので、まだまだパフォーマンスの改善余地はありますが、おおむね満足です。GIGABYTEらしく安定動作してくれてます。

 えー、皆さんも説明書は1ページ目からきちんと読みましょうね!

#これでマザーボード換装作戦シリーズは終了といたします。申し訳ない。

|

« カープ、合併承認議決を棄権!  だが……。 | Main | PDFファイルは「タダで作成」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1924/1378429

Listed below are links to weblogs that reference マザーボード換装作戦その2:

» Tramadol hcl 50 mg tab. [Tramadol hcl.]
Tramadol hcl. Tramadol hcl 50. [Read More]

Tracked on Apr 05, 2007 at 07:19

» Cheap cialis online pharmacy. [Cheap cialis online cialis buy cialis online.]
Buy cialis generic online cialis cheap cialis. Cheap cialis online cialis buy cialis online. Cheap cialis online order cialis now with discount. Cheap cialis discount cialis online from kcn. Cialis online cheap. [Read More]

Tracked on Jul 04, 2007 at 04:57

« カープ、合併承認議決を棄権!  だが……。 | Main | PDFファイルは「タダで作成」 »