« 【日記】内定、重荷の正体 | Main | 度肝抜かれたムーア監督 »

Jun 29, 2004

【日記】自転車後輪、内圧低下

 えー。今日の日記、ルールは無視します。正直、昨日書いててこれは違うな。と思ったので何時も通り書くことにします。さて、本日は何だか難しいタイトル……、っていうかただ自転車がパンクしただけなんですけどね。

 朝、何時も通りに自転車に向かうとあらま、後輪の空気が完全に無いわぁ。って事でパンク発覚。取りあえず学校に遅れる旨を携帯で伝え、曇天の空の下、道行くサラリーマンを見送りながら自転車を押して1キロ先の何時もの自転車屋ヘ向かう。

 自転車屋では、店主をインターホンで呼びだし、「パンクしました。修理お願いします。」と頼む。いつもの様に寡黙なマスター(推定60歳)が渋い空気を演出しながら修理を開始。いいね、この感じ。

 やっぱほら、自転車屋は50歳以上じゃないとダメね、雰囲気が。なんと言うかこう、さして難しい事をやっているわけでもないのに見入ってしまう良さがあるわ。

 とか考えながらぼんやり見ていると、マスターがニヤリと笑い、ポツリと一言告げた。「タイヤまで裂けとるから交換、じゃ。」と……。「丸坊主になってるし、な。」と……。

 あらま、交換かぁ……、ベル(破壊)、サドル(盗難)、前輪(パンク)に続いて、後輪タイヤまでもがオリジナルからの変更になるのか。錆びていないからと言っても10年乗ってるからね、そろそろ限界と言えば限界だけど。あ、それより財布大丈夫か、金が無いのは申し訳ないからな。

 色々と思考したが、こちらも結局直さぬわけには行かない。多少雰囲気に呑まれながらも、「ハイ……、ヤッて下さい。」とマスターにゴーサインを送る。マスターがニヤリと笑う。それが合図だと気付いた頃には、作業は続行されていた。

 マスター……、カッコいい。

 何分経っただろうか。マスターはその後も黙々と直し続けていたが、突然その表情を崩した。かなり必死な形相だ。

 ナットが……ナットが回らないのだ。真っ赤な顔したマスターが、レンチを使い、力任せにその封印を開放しようとしても奮闘しても、10年以上前に締め上げられたこのナットを外す事が出来ないのだ!!

 推定60歳を超えるとマスターにも限界がッ!ま、マスターっ(以下、オヤジ)……!

 こうなるともう雰囲気を楽しむどころではない!私は、やれやれ……とつぶやくと、颯爽とオヤジのもとに駆け寄り、レンチを譲り受ける。そして21歳の年だからこそなせる100%の力をレンチに込め、2度目のアタックでその封印を開放した……!

 ……、えー。要約すると、オヤジ(以下じじぃ)が困ってたので助けた。店主にこのナットを開けれそうに無いから開けてくれと頼まれて開けた。以上。もちろん、こんなに大それた内容でないのは言うまでも無い。

 とにかく、渋くはもう無いが、相変わらず自転車屋は良いムードのままタイヤの交換が完了、4000円を支払う。そこから学校に向かった。

 が、事件は続く。修理された後の自転車で走り出すと、どう考えても変速機がおかしくなっていた

 3段切り替えなのだが、1速2速がほぼ同じ重さ、つまり滅茶苦茶軽いのに対し、3速は鬼の様に重かった。足を漫画の様にぐるぐる回しながら漕ぐのは恥ずかしいので、何食わぬ顔をしつつ、力の居る超高速ギアで走る羽目に。信号待ちからの発車が辛い辛い、エアロバイクか、コレ。

 オヤジはさりげなく爆弾を仕掛けていた。やられた。

 帰り道、またこの親父の下に、今度はぐるぐる足を回転させながら立ち寄り、再度調整を依頼。変速機に延びるワイヤーがギリギリで、タイヤ交換をしたらちょっと距離が足りていなかった。との事。オヤジは照れくさいのか笑いながらも再び直してくれた。

 寡黙なのも良いが、こういうただのオヤジが経営する自転車屋も味があって良いやね。そう思った。

#もうルールなんて無しで書きます。

|

« 【日記】内定、重荷の正体 | Main | 度肝抜かれたムーア監督 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1924/867675

Listed below are links to weblogs that reference 【日記】自転車後輪、内圧低下:

« 【日記】内定、重荷の正体 | Main | 度肝抜かれたムーア監督 »