« 10万ヒット達成 | Main | クロロホルムって。 »

Jun 02, 2004

保育園からITの時代

 引く人も居るかもしれないが。

 幼児用のPCを寄贈し、保育士向け研修も行なって幼児向けのIT教育を推進するIBMの「KidSmart」。子どもの頃からPCに親しませ、デジタルデバイド解消を目指す。ITmediaニュース:就学前からIT教育――IBMが千葉の保育所にPC寄贈

 何がデジタルデバイド(情報的な格差)、か。そんなものを本気で解消する気があるならば、首都圏では無く、わが地元の島根県へどうぞ。効果はテキメンだ!(ぉぃ)

 さて、ついに保育園からIT教育の開始です。さて、これについて、上に書いたとおり、「えー、早すぎる!」と、引いてしまう人も居るかもしれませんが(具体的には、私の叔母さん等がそう)、そんな事は無いと思う。

 シンガポールを見なさい。小学校からバイオテクノロジーを学ばせている。

 これが良いかどうかの是非は避けるが、就労の幅をもたせるという意味でも早い段階からのIT教育は有効だと思う。私も昔、Macのキッドピクスに向かって延々と絵を描いていたものだ。

 デバイドの話に持っていくと、まさにその通りで、パソコンに触れる機会さえ与えられない子は、その子の可能性の一つであるITと言う将来を永遠に閉ざす事になりかねない。才能は、適材適所で活かすべきだと私は考える。

 他の子が出来るからとか大学を目指すから。といわず、ITに限らずどんどんとこの様に、様々な選択肢を与える教育をすべきである。体験して初めて、自分にあっているかどうか、判断する事が出来るのではないか。

 そういう意味で、早い段階から余計な事前知識を持ち合わせないこの時期に、苦手意識を持たずにパソコンに触れる事が出来れば、今後、様々な道が生まれていく事だろうし、例えその分野に進まなくとも、パソコンを有効活用できる人材が増えるのではないかと思う。

 と言う訳で、才能を伸ばす意味で歓迎できる話題ではある。これがIBMによるIBM製品のすり込みだとかって言う見方をすればまさにそうなんだけど、無償で提供してくれる会社がどれ程あるだろうかと考えると、素直に受け取るべきではある。

 私も、この分野での就職を考えているので、将来食い物に出来るカモが増えるのは素直にかんげ(ry

#著作権やらパソコンの正しい利用法や、ネットワークにおける倫理や道徳なんてものもちったぁ教育するべきかもしれない。その内、こう言う物に振り回されるのは必然なのだから。

|

« 10万ヒット達成 | Main | クロロホルムって。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1924/695853

Listed below are links to weblogs that reference 保育園からITの時代:

« 10万ヒット達成 | Main | クロロホルムって。 »