« 織田信長&明智光秀→和解 | Main | ミラーマンの事件当日の所持品 »

Jun 17, 2004

FeliCa対応サービス情報

 ついに、DoCoMoからFeliCa対応携帯電話が一斉にお目見えした。一応、506シリーズと言う事なので、3Gに対応しておらず新しい携帯の購入を考えている人には端末をお勧めできないが実に夢のある話であると思う。

 ITmediaモバイル:FeliCaケータイはSO、P、SH、Fの4モデル

 FeliCaって何?と言うと、簡単に説明するならばソニーが開発した非接触型ICチップ。難しいか。もっとざっくばらんに言えば無線装置と認証技術のセット、か。詳しくはこちらが良い。

 購入する際に端末に携帯電話を向け、ボタンを押して認証するだけで様々なサービスを受けることが出来る。携帯電話はいつも持ち歩くガジェットとしては、電源もサイズも最適の端末であるため、この様な付加機能は嬉しい限りだ。

 例えば自販機に向ければジュースが飛び出し、映画館でかざせばチケットが飛び出し、レンタルビデオ屋で突きつければビデオが飛び出る!……と言うのだけ嘘で、会員証代わりに利用出来るらしい。つまり、今貴方の財布に入ってるカード類全部を、携帯電話でまかなえる。電車の定期も、だ。

 最初、どうもDoCoMoを初めとする携帯電話各社は乗り気じゃ無さそうに思えたので、普及はまだかなと思っていたら、昨日になって突然上記506iCシリーズ投入。そして一気に対応する店などが明らかになったがこれは期待以上だ。

 ITmediaモバイル:iモードFeliCaで「何が、いつからできるのか」

 この記事に書いてある表を眺めるだけでも楽しいのは私だけか。コンビニでの決済、カラオケの会員証、CDショップのクーポン券。ありとあらゆるものに適応される事になる。もはや、携帯電話は通話する以上に、ライフラインとしての機能を網羅する事になるのだ。

 もちろん問題もある。対応携帯電話のこれからの普及よりサービスが先行している現状。高度化するデジタル犯罪への対応。携帯自体の問題、例えば決して取り出しやすいわけではないサイズと最長で5日程度で切れる電源の問題。などなど。

 他色々あるのだが、今の所、このままサービスを予定通りに進めることが出来れば、2006年の年末頃までには結構普及しちゃうんじゃないだろうか。と大胆に予言してみる。ただ、それが携帯電話によるものかどうかは非常に微妙である。

 個人的には財布か、その財布の中に入るカード等にこそ、この機能をつけて欲しいと思っている。だって、携帯をワザワザ店員に晒すのが嫌だもん。ので、何よりも早く対応を決めた携帯電話がどう牽引するかは見ものである。

#そのうち、非接触スリとか登場しそうで、それを考えると怖いんだけどね。

|

« 織田信長&明智光秀→和解 | Main | ミラーマンの事件当日の所持品 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1924/783105

Listed below are links to weblogs that reference FeliCa対応サービス情報:

« 織田信長&明智光秀→和解 | Main | ミラーマンの事件当日の所持品 »