« トラバにまみれる加藤ローサ | Main | 【競馬】2004年上半期・回顧 その2 »

Jun 27, 2004

【競馬】2004年上半期・回顧 その1

 と言う訳であっと言う間に2004年も半分が終了し、これから夏競馬になるわけです。私は昨年の有馬記念からブログの上で予想するようになったのですが、いやはや実の多い一年でした。今回は、特にレースの展開について考えさせられる半期と成りました。

 さて。前フリはさておき、ではその私が予想したレース。果たして当たっていたのか?と言う事を振り返ろうと思います。G1を中心に予想していったレースの予想と結果を照らし合わせて見ましょう。(今回が初回なので、昨年の有馬記念からまとめます。)

★有馬記念(G1) 2003/12/28
 このレースはまだ予想と言うよりは、趣味の延長で有馬記念を占ってみたんですよね。その時の私の予想はザッツザプレンティ、タップダンスシチー、ツルマルボーイ。うーん、結果を見るとひどいですね(笑)
<結果>
 1.シンボリクリスエス 2.リンカーン 3.ゼンノロブロイ
<感想>
 ともあれ、このレースを境に、意外とブロッガーの方に競馬好きな人が多い事を知りまして、定期的に予想していく事となりました。有馬は大失敗でした。ふぅ……。
<関連記事>
 空をかすめる: 第48回有馬記念 直前
 空をかすめる: 第48回有馬記念 結果

★日経新春杯(G2) 2003/01/18
 間隔を明けて新春杯を狙ってみました。ここから◎○▲△×による予想を開始しました。
<予想>
 ◎タガノマイバッハ
 ○カゼニフカレテ
 ▲ダービーレグノ
 △チアズブライトリー
 ×マーブルチーフ
<結果>
 1.シルクフェイマス 2.マーブルチーフ 3.ダービーレグノ
<感想>
 3着当ててどうするんでしょう。とにかく有馬に続きサッパリでした。
<関連記事>
 空をかすめる: 日経新春杯(G2)

★フェブラリーS(G1) 2004/02/22
 また間隔をあけてフェブラリーSを狙ってみました。下馬評は圧倒的にアドマイヤドン。それを踏まえて私は以下の予想をするのだった。
<予想>
 ◎ユートピア
 ○スターリングローズ
 ▲アドマイヤドン
 △ノボトゥルー
 ×ストロングブラッド、イーグルカフェ
<結果>
 1.アドマイヤドン 2.サイレントディール 3.スターリングローズ
<感想>
 み・ご・とに外しましたね。スターリングローズが頑張ってくれた以外は良い所無しです、とほほ。
<関連記事>
 空をかすめる: 第21回フェブラリーS(G1)
 空をかすめる: 独り反省会

☆中山記念(G2) 2004/02/29
 続いて中山記念。もうこうなりゃ意地だ!と言わんばかりに情報を集積して挑みました。
<予想>
 ◎サイドワインダー
 ○サクラプレジデント
 ▲ハッピーパス
 △プリサイスマシーン
 ×マイソールサウンド
<結果>
 1.サクラプレジデント 2.サイドワインダー 3.ローエングリン
<感想>
 1、2着が入れ替わりましたがこれは的中したと言えます。いやっほーぅ!と言う訳で、ブログでの初勝利は中山記念でした。ただし、結果は1~5番人気馬が1~5着以内に入ったので予想はしやすかったんですよね、ハハハ。
<関連記事>
空をかすめる: 第78回中山記念(G2)
空をかすめる: 祝勝……と、その後

☆弥生賞(G2) 2004/03/07
 中山記念当てたんだから、と言う事で間髪居れずに同じ中山で開かれる弥生賞を予想しました。
<予想>
 ◎コスモバルク
 ○フォーカルポイント
 ▲ハイアーゲーム
 △メイショウボーラー
 ×トゥルーリーズン
<結果>
 1.コスモバルク 2.メイショウボーラー 3.メテオバースト
<感想>
 まださほど人気の無かったコスモバルクを中心に人気馬を絡めての予想で、的中する事が出来ました。余談ですが、記事「コスモバルク!」は、その後暫くGoogleで「コスモバルク」で検索すると最上位に表示されてて、皐月賞前はこの記事だけで2000ヒット/日したりしました。バルク様々。
<関連記事>
空をかすめる: 第41回弥生賞(G2)
空をかすめる: コスモバルク!

☆阪神大賞典(G2) 2004/03/21
 中山で絶好調だったので、今度は阪神!とばかりにこのレースを狙いました。
<予想>
 ◎リンカーン
 ○ザッツザプレンティ
 ▲ナムラサンクス
 △ファストタテヤマ
<結果>
 1.リンカーン 2.ザッツザプレンティ 3.ファストタテヤマ
<感想>
 大的中、4着にナムラサンクスが入ったので、ほぼ完璧だったと言えます。これで3連勝。思い返せば、このレースで見た武豊Vsアンカツのバトルは壮絶でした。お互いがお互いを牽制しつつ決着したんですから両馬とも大したものです。
<関連記事>
空をかすめる: 第52回阪神大賞典(G2)
空をかすめる: 感想と今後の展望

★高松宮記念(G1) 2004/03/28
 と言う訳で、3連勝の勢いに乗って春のスピード王ナンバー1決定戦を予想したりもしました。
<予想>
 ◎ギャラントアロー
 ○サニングデール
 ▲テンシノキセキ
 △デュランダル
 ×サーガノヴェル
<結果>
 1.サニングデール 2.デュランダル 3.キーンランドスワン
<感想>
 惜しい、けど外れは外れ。けれども、私が選ぶ2004年上半期のレースの中でもトップ3に入る見ごたえのあるレースでした。サニングデール、あんなに瞬発力のある馬だったんですね、お見それしました。
<関連記事>
空をかすめる: 第34回高松宮記念(G1)
空をかすめる: 高松宮記念 回想

★桜花賞(G1) 2004/04/11
 クラシック第一弾と言う事で相当張り切って予想したのが良い思い出です。
<予想>
 ◎ダイワエルシエーロ
 ○ヤマニンシュクル
 ▲レディインブラック
 △スイープトウショウ
 ×ホシノピアス/ヤマニンアラバスタ
<結果>
 1.ダンスインザムード 2.アズマサンダース 3.ヤマニンシュクル
<感想>
 恐怖、ダンスインザムード外し!結果を知ってる方は笑うのでしょうが、あそこまで強いとは思っていませんでした。なんですか、あの最後の馬力は……。このレースはダンスを外すと最初に方針を立てた私の完敗です。既に2年連続牝馬三冠は内定!と各所で盛り上がっておられました。
<関連記事>
空をかすめる: 第64回桜花賞(G1)
空をかすめる: 桜花賞を振り返る

★皐月賞(G1) 2004/04/18
 桜花賞はさておき、バルクが出走する!って事で試験会場からメールで予想したレースです。
<予想>
 ◎コスモバルク
 ○メイショウボーラー
 ▲グレイトジャーニー
 ▲ブラックタイド
<結果>
 1.ダイワメジャー 2.コスモバルク 3.メイショウボーラー
<感想>
 伏兵ダイワメジャーが破りました。コスモバルクは皐月以外のクラシック制覇は難しいと思うので、結構残念でした。予想に関して言えば、これを的中させるのは難しすぎ。2と3着が繰り上がれば的中だったことを考えればまぁ、良く予想したほうでしょう。
<関連記事>
空をかすめる: 『メール』で予想皐月賞

☆青葉賞(G2) 2004/05/01
 クラシック緒戦の全敗を受け、気を取り直してもう一度ステップレースから出直す覚悟で挑んだのが青葉賞でした。
<予想>
 ◎ハイアーゲーム
 ○シェルゲーム
 ▲アドマイヤビッグ
 △ダークマター
 ×ニチリンコトブキ
<結果>
 1.ハイアーゲーム 2.ホオキパウェーブ 3.シェルゲーム
<感想>
 東京コースの直線を読んで、ハイアーゲームの後方一気を買いました。結果は的中。ここでのレース内容が余りに凄かったので、ダービーもハイアーゲームと心中する事をこの時点では決めていました。だが……(ぉ)
<関連記事>
 空をかすめる: 第11回青葉賞(G2)

 ふぅ……長くなってしまったので今回はここまで。急遽前後編になりそうですw

 しかし、こうやってみると……当たらないですね、俺の予想って(笑)

 つづく → 空をかすめる: 【競馬】2004年上半期・回顧 その2

|

« トラバにまみれる加藤ローサ | Main | 【競馬】2004年上半期・回顧 その2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1924/853796

Listed below are links to weblogs that reference 【競馬】2004年上半期・回顧 その1:

« トラバにまみれる加藤ローサ | Main | 【競馬】2004年上半期・回顧 その2 »