« あと100日でオリンピック | Main | 【地域限定】どこでもドラえもん »

May 05, 2004

Windows搭載携帯電話

 韓国からWindows搭載携帯電話が出るそうです。

 まぁ、良いんでないの?求める人は少なからず居るわけだしさ。

 ただ、「出来る」のと「使える」のはまったく別だよね。そこを作り手側も買い手側もしっかり意識しておかないと、どちらかが痛い目を見る。

 携帯電話に搭載されているCPUは情報によると33~66Mhzが一般的らしい。所が最新Windowsモバイル系OSを搭載したPDAだと、133~400Mhzで駆動する物が多いみたい。

 つまり、このOSを快適に使えるようにハードを設計すると、どうしても200Mhzからのクロックを持ったCPUを採用する必要が出てくるんじゃないだろうか。メモリもRAMで64MBとか。

 それを採用しちゃうと、この小さい筐体で詰めるバッテリーの量から考えても、連続稼動させるのには辛く、予想なんだけど、どんなに頑張っても10~50時間程度しか待ち受け出来ないのではないかと思う。

 <参考>
 GENIO e -GENIO e400製品仕様-
 日本HP Products - iPAQ Pocket PC / h1937 - スペック
 Dell Axim X3 製品詳細

 かといって、クロックを押さえて電源回りを優先しちゃうと大幅にレスポンスが遅くなる。特にWindows Mobile 2003はレスポンスが悪いと評判であるから、簡単にスペックを削るわけにも行かない。

 それを踏まえて、どの程度この携帯がすれ違う二つのスペック(電源、処理速度)を満足できるレベルまで持って行けるかという所に、それはもう大きな疑問が残る。

 結論から言うと、PDAで出来る作業を態々携帯でやるだろうか。と言う所に落ち着いてしまう。

 そもそもがPDAの需要が激減しているのが現状である。理由は多く言われてるけど、ノートPCも持ち歩いて苦じゃないサイズが登場しだし、また携帯電話にもスケジュール管理に優れた機種等が登場し始めたのが主な理由としてあげられる。

 そこで、中途半端にWindows一連の機能を組み込んだ携帯が登場して、一体どの程度シェアを築けるのだろうと懐疑的に成る。PDAで出来る作業を、ハードとして携帯電話を採用し、どれほど仕事が出来るだろうか。と。

 無論、PDA並の性能と携帯電話並のバッテリー持ちのよさを兼ね備えた商品であるならば、それこそ最高の品(ハード)と言えるのだが、果たしてそれでもOSにWindowsを搭載する事に意味があるのか。

 と言うのも、携帯電話の統一プラットフォームの搭載と言うのが、便利でもあり実は1番怖い事でもある。

 各社がOSもてんでバラバラ、JAVAもセキュアなレベルでしか実行されない。そんな現状の携帯電話には無かったウィルスやハッキングの危険性が付きまとうようになるのは時間の問題。各個人の最重要な情報まで、通信端末である携帯電話に入れて持ち歩く事に、ちょっとした危惧を覚える今日この頃である。

 気が付いたら無線LAN側から侵入されてた。とかね。

#まさか通話中にフリーズしたりはしないよなw

|

« あと100日でオリンピック | Main | 【地域限定】どこでもドラえもん »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1924/542080

Listed below are links to weblogs that reference Windows搭載携帯電話:

« あと100日でオリンピック | Main | 【地域限定】どこでもドラえもん »