« 広島、年俸ダントツ!  の…… | Main | 現地到着 »

May 18, 2004

AUから3.2Mピクセル機

 遂にこの日が来ましたか。Vodafoneユーザーとしてこのニュースを取り扱ってみたいと思います。

 Vodafoneに先駆けて、AUから更なる高画素化を果たしたA5406CAが発売される事になりました。何と言っても、今までの画素戦線に突如として登場した320万画素と言う解像度は、今後「写メールのVoda」が追随するのかどうかを含め、興味深いところであります。

 「A5406CA」は、携帯電話初となるオートフォーカス対応320万画素カメラを搭載するカシオ計算機製CDMA2000 1x端末。有効画素数320万画素、1/1.8インチのCCDカメラが搭載され、120×160ドットの「ケータイサイズ」から2,048×1,536ドットの「QXGAサイズ」までの解像度で静止画の撮影が可能。Lサイズ(176×144)の動画撮影にも対応する。コントラスト式のオートフォーカス機能のほか、フォーカスロック機能、マクロモードが搭載され、2次元コードの読み取りに対応する。デジタルズーム機能は最大32段階の12.8倍に対応し、撮影するシーンに応じて最適な設定が手軽に選べる「ベストショット機能」は「人物・風景」「食べ物」など、既に発売されている「A5403CA」と比較して新たに5つのモードが追加されている。 (3メガピクセルカメラ搭載の「A5406CA」)より引用

 今まで、初代カメラ付き10万画素、30万画素、100万画素、200万画素と常に業界を引っ張ってきたVodafoneにとっては、このアドバンテージの消滅が与える影響と言うのは必ずあると思います。

 光学式ズームレンズ採用に踏み切った辺りから、ちょっと危険な気はしてましたが、ここまであっさり300万画素クラスを投入されるとはVodaは予測していたのでしょうか。既に先日2Gのラインナップは出し尽くしましたし、3Gでこれ以上シャープに負担をかけるわけにも行かないでしょう。

 事実上、秋まで追随する事は出来ないと予測します。この間、更なるVodafone離れに加速が付くかも知れませんね。

 さて、携帯に300万画素の必要性ですが、それは正直分りません。どこまで行っても携帯のカメラは携帯のカメラでしかなく、撮影する為だけに設計されたデジタルカメラと比較すると、その違いは歴然と言わざるを得ません。

 ただ、それでもこの300万画素を歓迎する人が居るのは間違いないでしょう。私は余り撮影はしないのですが、モブログでは積極的に撮影をこなす人も確かに存在しますし、その様な方にとっては唯一無二の存在です。

 とにかく、300万画素と言うのは中々ショッキングな数字であるとは思います。多分、400万画素にはそう簡単に成らないと思っているだけに、200万画素が登場してから僅か半年たたないうちのこのタイミングは、正直AUとCASIOは勝負をかけて来たと思うほかにありませんね。良い携帯であるのは、間違いない。

#お出かけ前に頭の体操に書いて見ました。んでは、広島へ行ってきます。

<関連リンク>
ITmediaモバイル:カシオ、320万画素カメラ搭載「A5406CA」

|

« 広島、年俸ダントツ!  の…… | Main | 現地到着 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1924/612249

Listed below are links to weblogs that reference AUから3.2Mピクセル機:

« 広島、年俸ダントツ!  の…… | Main | 現地到着 »