« 第71回東京優駿・ダービー(G1) | Main | キューブPCデザインコンテストの結果 »

May 30, 2004

電車男と24

 24 TWENTY FOURは、24時間と言う枠内でドラマを進行させ、その1分1秒を、視聴者がテレビを見ている時にだけ進行させる事で、物語をよりリアルにすると言う技を使い、本家NYで大ヒット。日本でもDVDのセールスやレンタルは中々好調と聞くし、深夜と言う時間で放送が始まったが、結構見てる人は多い。

 では、電車男、を知っているか。現在、2chやブログなどのネット系情報媒体で話題沸騰の実話の物語、ジャンルはと言うと一人の男と一人の女の、所謂ラブストーリーである。

 解説する言葉に困るのだが、「80%の純度。」とでもいうべきか、不純な要素が20%はあるだろう、とだけは言える。けれど、現代に生きる私たちには、この80%の純度と言うのが涙腺には丁度良いのかもしれない。

 ちなみに、この話は、実際に3月14日から5月9日にかけて、約2ヶ月、2chの「独身板(?詳細不明)」にて実際に電車男がスレ住人と交わした会話が総てです。つまり、電車男ストーリーは、約2ヶ月の間、掲示板と言う媒体を通し、リアルタイムで報告・公開され続けてました。

 24を張り合いに出したのは、この点が電車男と24では、話が実話とそうでないにせよ、似ていたから。同じ時間を作品と共有する事が出来る。

 で、うかつにも、私も電車男のまとめサイトで、この話を読んで感動してしまって、泣くまでには至らなかったが、最近、頭から離れなくなりました……。ほんと、心がすさんでいる人は、「ビッグ・フィッシュ」と「電車男」の補給を検討される事をお勧めしたい。私は随分救われました。

 肝心の電車男は、今ではスレッドも存在しておらず、こちらのサイトからスレッドを追う以外無いのでドゾ。

 電車男
 電車男 Mission.1 緊急指令 「めしどこか たのむ」

 リンク先の中の人が、うまい具合にゴミを除き、要約してくれているので物語として読みやすい。ほんと、現実にもこんな話が落ちてると思うと、まだまだ捨てたもんじゃないね。世の中。

 「時間」は対象物に対して相対的に存在する。とはもうすぐ100周年を迎える相対性理論の基礎なんだが、結局人生における幸せと言うのも相対的なんだろうな。幸せも、元々はただの事象でしかなく、それは人それぞれの感じ方によっては様々だろうから、幸せな人と幸せでない人は居るんだろう。

 それが分っていても、なお、この様に日常のあらゆる場所に、それこそ、捉え方次第では幸せへと発展する出来事が潜んでいるのなら、様々な出会いを恐れずに受け入れて生きたいと感じました。下手な映画より説得力もあって良かった。

#ちなみに、私は電車男をいち早くブログ界に伝えた、くまぶろぐさんのその後の記事で電車男を知りました。ドラマ化か……、2chの掲示板と言う泥臭い媒体をどうテレビで魅せるかが難しそうだw書籍希望。

##高級紅茶、「ベノアティー」と検索したら……w Google 検索: ベノアティー

###ココログでも凄い量の電車男関連の記事が ココログル - 検索結果

<Amazon>

24 -TWENTY FOUR- DVDコレクターズ・ボックス 1



ビッグ・フィッシュフィルムブック

John August, Daniel Wallace, 目黒 条, ジョン オーガスト, ダニエル ウォレス

<補足>
30分後 書き忘れたことがあったので追記

|

« 第71回東京優駿・ダービー(G1) | Main | キューブPCデザインコンテストの結果 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1924/678000

Listed below are links to weblogs that reference 電車男と24:

» 電車男 [キャッシング・トラックバック受付所]
みなさん、今話題の電車男ってご存知でしょうか?? 典型的なアキバ系だった男(電車男)が、ブランド品に身を包んだ女性と 偶然に出会い、交際まで進むというストーリー... [Read More]

Tracked on Jun 24, 2004 at 12:04

» 「電車男」 映画化決定 [空をかすめる]
 10社に及ぶ争奪戦を経て、ついに「電車男」が東宝によって映画化されることが決定しました。  日本最大のインターネット匿 [Read More]

Tracked on Feb 07, 2005 at 14:42

« 第71回東京優駿・ダービー(G1) | Main | キューブPCデザインコンテストの結果 »