« グランツーリスモ4 リプレイ映像公開 | Main | apbank! »

Apr 24, 2004

【広島】守備の乱れは勢いをなくす

 さて、今週も広島カープはがっちり首位キープ!

 日曜から今日まで3勝3敗と貯金を増やす事は出来なかったけれど、前田は今日まで19試合連続ヒット(残念ながら途絶えた)しましたし、苦労人嶋も一気に全国区の知名度を獲得しましたし、今日も5打数4安打と大暴れ。

 ただ、課題も多く残るそんな1週間であったと感じます。

 その一つが守備の乱れです。ここ3試合で特に失点に絡む守備のミスが多く、22日、24日は目に余る物がありました……。

 最近の広島カープに多く見られた守備による敗戦。去年はシーツの加入、今年はラロッカの加入で二遊間をしっかりと補強したはずなのですが、どうも安定しません。ラロッカは日本の野球、そしてセカンドの慣れない守備に不安を残します。

 また、監督の采配もいい加減変化が欲しいところです。黒田は確かに完投型のエースですが、22日のあの試合では引っ張りすぎだと感じました。どう考えても調子が悪かった黒田を、佐々岡が不安だから、黒田は完投させなきゃ……と言う固定観念にて続投させた結果が8回の逆転を招いてしまいました。

 ファンの間では5回を投げきった時点で、佐々岡はともかく、天野や澤崎へのスイッチを切望する声が噴出していました。私もそう思います。

 このパターンで何試合か落としてしまっているので、少し選手起用についても柔軟な発想を持って欲しいと思います。左対左にこだわるよりも、その時々で最高の選択を指揮官は下すべきです。

 そして投手陣も少し危険な状況になり始めています。先発の中で、こいつを出せば勝てる!と言う絶対的な柱を擁立できていないのが最たるものでしょう。

 大竹は非常に良い物を持っていますが、まだまだ信頼と言う点では疑問符を残しますし、黒田、高橋建の両エースに加えデイビーも好不調の波が大きすぎます。夏前にベイル、ブロック、長谷川の復帰、そして玉山や苫米地と言った若手、一人でも飛び出してくれれば磐石なのですが。

 今日は河内がまずい守備もあってノックアウトされてしまいましたし、中継ぎも1度とはいえ佐々岡が攻略されてしまったのは危機を覚えます。永川もバラつきがあり、本当に信用できるのは菊地原と天野位でしょうか。

 ただ、悲観するには早すぎる。そうも思います。

 まだまだ明るい話題は尽きないのだから。

 特に、打線はいよいよ面白くなってきました。シーツ、新井、ラロッカも一時期の悪い時期を抜け出し始めているように思いますし、何よりベテラン野村が毎試合結果を残してくれています。もう、この野村のヘッドスライディングが、そのままカープに勇気を与えてくれていると感じます。

 来週はいよいよ中日、巨人、阪神との長い長い9連戦突入です。もしもこの9連戦を大きく勝ち越すようなことがあれば、今年のカープはいよいよ本物だと言えます。夏場を乗り切るまでは不安の残るカープではありますが、今年、こんなに恵まれたメンバーの中で戦っているのだから、是非勝ち続けていって欲しいと願います。

#明日は玉山かもしれない。そういう声がちらほら聞こえてきています。玉山が勝利投手にでもなれば、取りあえずの所の危機は去るのですが。どうかな。

|

« グランツーリスモ4 リプレイ映像公開 | Main | apbank! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1924/487062

Listed below are links to weblogs that reference 【広島】守備の乱れは勢いをなくす:

« グランツーリスモ4 リプレイ映像公開 | Main | apbank! »