« これが原因か? | Main | 残り僅かの誕生日 »

Apr 22, 2004

KOTO V303T

 Vodafoneの隠し玉、V303T、コードネーム「KOTO」が発売される事になった。

 ボーダフォンは4月22日、和とモダンを融合させたデザインモデル「KOTO V303T」(東芝製)を5月下旬以降発売すると発表した。コンセプトは和楽器の「琴」だという。ITmediaモバイル:ボーダフォン、“琴”をイメージした新機種「KOTO」

 テレビ付き第2弾のV401Tばかりに注目が行っていたが、なるほど、V303Tも開発中だったのか。これを隠しておいたVodafoneの(苦しい)気持ちは分らんでもない。

 では、このKOTOはINFOBARの様に、バカ売れするのだろうか?

 個人的には、「それはない」と思っている。

 理由はいくつか有るのだが、一番大きいのが、INFOBARにあってKOTOに無いもの。機能美と言う点であると思う。そこに大きな差がある。

 INFOBARはその優れたデザインと、ストレート型で軽量であると言うもう一つの顔を持っている。

 ストレート端末を持ちたい人、デザインを優先させたい人、小型な端末を持ち歩きたい人、機能はそれほどいらない人。を満たす為に生まれた、AUラインナップの隙間を見事に埋めた一品だ。

 しかしながら、KOTOの場合状況が違う。優れている点と言えば、デザインだけだ。他の点においては、素直に401系統の方がパワフルだし、V302Dも発表されているのだから待てばよい。

 そして、肝心なそのデザインも、特に優れていると感じる事は出来ない。似たようなデザインも既に有るしね。ただ、こちらはモノを手にして見ないと何とも言えないのでこれ以上のコメントは控える。

 残念だが、この端末に「もう一つの何か。」がない限り、売れる事はないと思う。それは、過去に三菱が他社に先駆けて開発したgraphicaがそれを示している。

 けれど、まだまだ悲観するのには早い。

 Vodafone Design File

 この中に掲載されてるリストから、初代の端末となる訳で、リンク先を見る限りではコンセプトモデルとなっている他端末が非常にカッコいい。これは見逃せない。

 また、KOTO自身にもまだ可能性が残されている。白色のモデルの投入だ。ガン○ム携帯としてヲタに人気が……と言うのも有るが、今、白い携帯の潜在的なニーズは高まってきているし、この塗装なら白は非常に美しいものとなるだろう。

 しかしながら筆者は、V601SHが大好きなので、全く関係とないといえばない、そんな話題なのであった。

#で、V602SHが開発されているらしいのだが、どの程度の性能になるのだろうか?V601SHに圧倒的な差を付けるような端末!と言うのは予想でき難いのだが。

|

« これが原因か? | Main | 残り僅かの誕生日 »

Comments

はじめまして。

ココログナビから参りました。

「KOTO」に似た携帯、W11K

白と黒があるんです。

お店の人に見せてもらい、「ガンダム」「黒い三連星」と口走ってしまい、「ああ買った人でそれいってた方いましたよ」
と言われました。

誰もが発想することなんでしょうか。ポリポリf^^*)

Posted by: 安保 仁 | Apr 23, 2004 at 00:23

こんにちは、コメントありがとうございました。

>「KOTO」に似た携帯、W11K
多分、世間一般的には逆ですね(笑)

白と黒は記事を書く時に気付いていました。それに赤を加えて3色で展開する辺りは、AUって身軽だよなぁ~と関心しきりです。

ガンダムは、W11K白を見た瞬間に連想しましたけれど、黒い三連星とはまた渋いw

「KOTO」黒の場合だとガンダムMk2って感じですね。もしくはサイコガンダム?とにかく、反射を抑えたって言うご自慢の塗装が、どうもメカっぽくてそう見えちゃいますね。

所で、「KOTO」に白が出たらかっこいいと思うんですよ。iPodがイメージとして浮かびますけれど、是非出して欲しいです。この端末の成否でちとVodafoneデザイン路線に変化がおきそうでは有りますが、ユーザーとして生暖かく見守る事にします。

Posted by: エヴラカ丸. | Apr 24, 2004 at 01:43

>#で、V602SHが開発されているらしいのだが、どの程度の性能になるのだろうか?V601SHに圧倒的な差を付けるような端末!と言うのは予想でき難いのだが。
##そうですね、V801SHに裏切られたっきり
次が見えません、と、悲観しないで、
暖かい目ですよね。反省しました。

Posted by: takeratta | May 05, 2004 at 22:17

続けてコメントありがとうございます。

いえいえ、私の場合「生暖かく」ですから(笑)

V801SHにインカメラが付かなかったのは正直ショックでした。端末的には悪くないですし、ここは抑えておくべき最大のポイントだと感じました。この後の80x系端末の予定はありませんし、Vodaはどこまで本気なんでしょうか。V901SHはとんでもない性能である事が期待できるだけに、VGSにもっと注力して欲しい所ではあります。

けれど、私も、生暖かくながら見守っていこうと思います。古代中国でも言われているように、三つ巴のバランスと言うのが、最も業界を成長させると確信しているからです。

DoCoMo、AU、Vodaと三者三様ですが、日本の携帯の進歩の為にも、Vodaには更なる努力を望みます。

Posted by: エヴラカ丸. | May 09, 2004 at 14:52

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1924/478193

Listed below are links to weblogs that reference KOTO V303T:

« これが原因か? | Main | 残り僅かの誕生日 »