« 花やしき存続へ | Main | ビジネス著作権検定 »

Mar 03, 2004

『Bagle』と『Netsky』

 MyDoomが一段落したと思ったら、今度はまた、重箱の隅のお魚しょうゆさし。とかその位、あぁーあったね。的な特性を活かしたウィルスが2個登場しました。そして、その亜種が続々と登場中。気をつけてください。

 『Bagle』ワームと『Netsky』ワームの変種が、先週末から次々と登場して感染を拡大しており、セキュリティ各社にとっては散々な週末となった。(Japan.internet.com Webテクノロジー - 『Bagle』と『Netsky』両ワームの変種が続々登場)より引用

 しかし「Netsky」とはね……、あぶねぇ……。何があぶないって……、実はこのブログの名前の候補に「Netsky」ってのもあったのですよ。危うく先取りするとこでした(汗)

 一応、解説しておくと、この2種はウィルス対策ソフトに引っかからない。そこが特徴の従来型のウィルス。Zipファイルなので、ファイアウォールは突破するし、ウィルスチェックをしても、パスワードで保護されているので、ウィルス監査対象からまんまと逃げる事が出来ると言う危険な代物。

 これが広まりを見せ思う事は、「ウィルス対策ソフト入ってるから大丈夫だろ。」って人がいかに多いかって事だろ。そういう人に限ってWindowsとOutlookとInternetExplorerのアップデートがおろそかだったりするんで感染は広まる一方。

 ふーむ、Windowsでは今後アンチウィルスソフトの搭載を検討しているらしいし、バージョンアップに対する人々の意識がより疎かになるんじゃない?やだやだ。

 ちなみに面白いのが「Netsky.D」だね。

 また、2月29日には、Netsky ワームの変種『Netsky.D』が見つかった。これまでの Netsky ワームと同じく、複数のレジストリキー削除と、起動時実行用のレジストリキー作成を実行する。セキュリティ会社 F-Secure によると、今回の変種は、自ら作成する WAV ファイル (音声データ) を、2日の午前6時から8時59分まで繰り返し再生するという。(Japan.internet.com Webテクノロジー - 『Bagle』と『Netsky』両ワームの変種が続々登場)より引用

 音声かぁ……。どんなものかわからないけど、スピーカーの音量でかい人は、最悪耳を破壊されるだろうし、そもそもこの時間帯が嫌らしいね。何?遅刻でも撲滅する気ですか?

 ウィルス作者のセンスはよくわからん。

#BIOS破壊とかってのは最近はしないのかな。

|

« 花やしき存続へ | Main | ビジネス著作権検定 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1924/255983

Listed below are links to weblogs that reference 『Bagle』と『Netsky』:

« 花やしき存続へ | Main | ビジネス著作権検定 »