« 中国の伝染病事情 | Main | スパムフィルタの効果 »

Feb 15, 2004

IntelliMouse Explorer

インテリ

 IntelliMouse Explorerの最新版(写真右)買いました。今まで使っていたMITSUMIのクイックスクロールマウス(写真左)のスイッチ部分が壊れたので、それからの乗り換えとしてヤ○ダ電機で定価の5800円で購入しました、正直高い。

 けれど、長い目で見て使えるマウスが欲しかったので、ポンとお金を出してしまいました。ポンと言っても、ヤマ○電機では殆どモノを買わないくせに、その場でポイントカード作って10%キャッシュバックを受け取るくらいの未練たらたらな買い方でしたが。

 このマウスの主な特徴は、横スクロールを実現したチルトホイールを搭載。5ボタン。エルゴノミクスデザイン。光学式。有線(最重要)。って所。姉妹品のWireless IntelliMouse Explorerの無線じゃなくなったバージョンでしょうか。

 一言で言うと……。うーん、ごめん。あまり好きじゃない。このマウス。

 まず、モノとして安っぽい。どこまでいってもプラスチック……クリック感も安っぽい。振ったらカチャカチャ音がするし。それと、やはりエルゴノミクスデザイン、万人向けじゃあないですね。思いっきり手を選ぶので、私の様に手が小さいと逆に疲れます。

 で。この辺りが一番問題だと思うのですが、ホイール関連。クリック感がありすぎと言うか固いし。対照的に柔らかすぎるスクロール、物凄く高速でスクロールします。んで、まったく使わないチルトホイール機構。うぅーん。これが目的じゃなかったとはいえ、かなりがっくり。

 何でこれを買ったの?と言われると、あまりにも分解能の高いLogicoolのMX系は1024*768の環境で使うと逆にくたびれる。で、じゃあ他には~と探していくと、元祖のMITSUMIはマウスから撤退しちゃった(?)し、SONYやELECOMは買う気が起きなかったし。サンワサプライはあまり見かけないし。かといってコクヨのアレもどうかと思って。

 気がついたら、まぁ、老舗のMicrosoftしか残ってないわけ。で、色々情報を集めていくと、ポイントの精度に定評のあるIntelliMouse系が候補にあがってくるんです。

 無線はラグや電池を気にしたくないので、この有線式のIntelliMouse Explorerが最後に残って。買うんですが。Wireless IntelliMouse Explorerと感触が違いすぎ。くそ、実機に触れなかったのが痛い。

 ちょっと後悔してます。MITSUMIのマウスがかなり自分に合っていたので、まったく使用感の違うこいつに戸惑ってるだけなのかもしれないけど、何ともいえないな。もうホイールの感触に関しては気持ち悪いと言うレベルにまで達しているので、中々ね。1回転の移動量も、柔らか過ぎて微調整が聞かないし。

 ほんとにインテリですな。きちっと場所を指し示してくれるのは良いんだけどね。何か歯ごたえが無いと言うか、そうかと思えば頑固だったり。たまにキレて言うこと聞かないし。まさにインテリ(笑)

 次にマウスを買う時には別の会社のものにします。約6000円の価値を見出せない私が悪いのか、開発者が悪いのかは分からないけど、フィーリング的な問題は払拭し難いね。

#高級キーボード並みの技術者魂のあるマウスを設計して欲しい、グラスファイバーとか使って(笑)個人的には、スクロールはIBMのキーボードについてるポインタみたいなのが良いなぁ。アレだと斜めスクロールとかも出来るだろうし。結局、MITSUMIのマウスが個人的には一番です、ハイ。

|

« 中国の伝染病事情 | Main | スパムフィルタの効果 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1924/198158

Listed below are links to weblogs that reference IntelliMouse Explorer:

« 中国の伝染病事情 | Main | スパムフィルタの効果 »